社会工学学位プログラムとサービス工学学位プログラムは、社会課題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。

未来構想のための工学・社会工学

新たな、よりよい時代を切り拓く「誰か」になる
そのための大学院として、社会工学学位プログラムとサービス工学学位プログラムがあります。

社会課題×数理的アプローチ=ソリューション創造力

科学の街・つくばで、未来構想のための工学を学んでみませんか?

筑波大学大学院 理工情報生命学術院 システム情報工学研究群
社会工学/サービス工学学位プログラム オンライン説明会
 今年度のオープンキャンパスは、2020年4月19日(日)、5月6日(水)、および7月12日(日) にオンラインにて開催いたしました。 多数のご参加、誠にありがとうございました。
 なお、学生の経済支援など、システム情報工学研究群全体に共通する情報については、研究群ウェブページをご参照ください。


1. Youtubeライブ配信による全体ガイドおよび全体質疑
  • 7/12開催の全体ガイドおよび質疑応答の動画を公開していますMovie
  • 5/6開催の全体ガイドおよび質疑応答の動画を公開していますMovie
  • FAQ(2020年7月10日新着情報)
    <問1>
    ・入試の募集要項はいつ出るのですか?
    ・7月期・8月期入試は、そもそもやるのでしょうか?
    ・面接はどうなるのでしょうか?
    <答1>
    募集要項が2020年6月29日に公表されました。
    7月に予定されていた入試は 9月1日 に、
    8月に予定されていた入試は 10月20日および21日 に実施します。
    詳細は、本学ホームページ:大学院入試スケジュール をご確認ください。

    <問2>
    ・英語が受けられないのですが・・・
    ・TOEICが中止でスコアを持っていないのですが・・・
    <答2>
    TOEFL iBT ® Special Home Editionの公式スコアを用いることが可能です。
    ---> TOEFLは現在通常開催されています。こちらの受験もあわせてご検討ください。(詳細

    なお、TOEICのテスト日程等については主催団体の公式サイト、および 第252回 TOEICR Listening & Reading 公開テスト【2020年9月13日(日)】の実施について をご参照ください。
    ---> 2020.7.8 満席のため受付を終了 (詳細
    2. オンライン全体説明コンテンツ(5/6開催のオンライン説明会の資料および動画を公開しています)

    (1)“つくばの社工”の大学院とは
  • 社会工学学位プログラムとサービス工学学位プログラム(資料動画1動画2動画3
  • (2)“つくばの社工”の大学院で研究する価値
  • サービス工学生活と入試対策(非公開非公開
  • 社工の修士・博士生活と入試対策(非公開非公開
  • 先輩研究者からのメッセージ(資料動画
  • (3)“つくばの社工”の大学院ならではの教育研究インフラ
  • 社会人向け「地域未来創生教育コース」(資料動画
  • 人工知能・深層学習研究のトップランナーである産総研の大西正輝先生
      "つくばの社工"で研究室を構えています!
      大西先生による連携大学院としての研究紹介(資料動画
  • 3. メールでの教員との個別質疑時間

     皆様が関心ある教員と、個別にメールで対話可能な時間をご用意します。教員によってはオンラインミーティングの情報も提供します。 時間帯は、7月12日(日) 15:00~17:00 です。 是非この時間を活用し、“つくばの社工” の研究者達と交流してみてください。
  • 受入可能教員一覧
  • 教員のメールアドレス一覧資料
  • 4. 早期修了プログラムについて

     社会工学学位プログラムでは、社会人のための最短1年で博士号を取得できる(条件あり)早期修了プログラムを提供しています。 個別の説明をご希望の方は、 (社会工学学位プログラム早期修了担当) までお知らせください。
    資料:PDF資料   動画:Youtube動画   Chat:Youtubeライブ・チャット   Teams:Microsoft Teams   

    戦略アライアンス

    入試情報

    留学希望の方へ

    アクセス

    お問い合わせ

    ●オープンキャンパスについて

    copyright (c) 2013 University of Tsukuba all rights reserved.

    社会工学学位プログラムとサービス工学学位プログラムは、社会課題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。