筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。

よくあるご質問

Last Update 2017.09.11  このページの情報は、順次アップデートしていきます。

Q. 募集要項公開や入試の日程を教えてほしい。
筑波大学 大学院入試案内 を御覧下さい。 なお、説明会を例年5月頃に開催しています。
Q. 社会工学専攻の他大学・高専出身者の割合は。
6~7割が本学以外の出身です。
Q. 受験する前に、指導を受けたい教員に相談したほうが良いか。
事前に、指導予定教員の承諾が得られていることが必要です。
Q. 査読付き学術論文がないが、早期修了プログラムに申請可能か。
査読付き学術論文2編以上が早期修了プログラムの履修要件です。
Q. 英語での論文指導を希望。
英語による指導は可能です。ただし、指導予定教員に確認してください。
Q. ネイティブあるいはネイティブの大学を卒業しているがTOEFL等のスコアは必要か?
TOEFLもしくはTOEICいずれかのスコアが必要です。必ず提出してください。
Q. TOEICのスコアレポートを提出しても良いですか?
外国語の試験科目として認められるのは、TOEICでは公式認定証(写真印刷付き)だけです。
Q. 提出するTOEFLのスコアはiBT、ITPどちらのものか。
iBTは可、ITPは不可となります。
Q. TOEFLのスコアをETSから筑波大学に直接送付して良いか。
提出が必要なのはTOEFL受験者本人に送付されるTOEFL受験者用スコア票(Examinee Score Report)です。 直接送付はせずに、所定の台紙に貼付して試験初日に持参してください。
Q. 口述試験を英語で行うことは可能か。
可能です。
Q. 社会工学専攻で教職の専修免許状を取得することは可能か。
社会工学専攻の科目では取得できませんが、 他専攻や他研究科の指定科目を履修することにより取得可能です。
Q. 定員が一杯ではなく、受け入れしていただける研究室を教えてほしい。
研究室に大学院生の一律の定員はないので、希望する教員に連絡を取って下さい。
Q. 推薦入試の推薦要件について、取得単位は社会工学に関連したものでなくてよいのか。
推薦入試の出願は、履修科目に関する制限はありません。ただし、事前に指導を希望する教員に連絡をとり、どのような勉強をしておくべきか相談することをお勧めします。
Q. 英語の入学試験の配点、および、TOEICの換算方法について。
入学試験の配点については、募集要項を参照してください。英語の換算方法については非公開です。
Q. Web出願で入力し忘れた項目があった。
筑波大学システム情報エリア支援室大学院教務に直接問い合わせてください。
Q. 博士後期課程のシラバスおよび修了必要単位数について。
論文に関わる社会工学博士特別演習Ⅰ~Ⅳ、社会工学博士特別研究Ⅰ~Ⅱの6科目12単位は必須です。その他の8単位については基本的には本専攻が用意しいている科目を履修します。
Q. 博士号取得の条件について(博士論文提出に対する条件)。
社会工学博士特別演習Ⅰ~Ⅳ、社会工学博士特別研究Ⅰ~Ⅱ12単位が揃っていることが条件です。
Q. 他大学院からの進学は内部学生と違いがあるのか。
カリキュラムに差異はありません。
 

入試情報

戦略アライアンス

入試情報

留学希望の方へ

アクセス

お問い合わせ

copyright (c) 2013 University of Tsukuba all rights reserved.

筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。