筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。

アライアンス組織

“つくばの社工”には、「講義の提供」や「研究室への問題・データの提供」等、産官学連携による人材育成にご協力くださるアライアンス組織が多数存在します。来年度予定も含む主なアライアンス組織は、以下のとおりです。

社会工学学位プログラム 野村証券、つくば市、土浦市、常総市、国立環境研究所、建築研究所、国土技術政策総合研究所、三菱地所など
サービス工学学位プログラム イーグルバス、鹿島アントラーズFC、KDDI、サービス産業生産性協議会、産業技術総合研究所サービス工学研究センター、TAC、つくばウエルネスリサーチ、筑波山江戸屋、筑波大学附属病院、電通、統計数理研究所サービス科学研究センター、トーマツベンチャーサポート、日本アイ・ビー・エム、日本経営、日本交通公社、日本生産性本部、フットボールクラブ水戸ホーリーホック、水戸信用金庫など

“つくばの社工”の学生が参加可能な 筑波大学リサーチユニット

筑波大学では、「新たな研究領域の創出」、「社会的・地球規模的な課題の解決」に対応する研究活動の加速化と対外的な可視化を含めた研究推進体制の充実・強化を図るため、「リサーチユニット認定制度」を創設しました。リサーチユニットは、分野の特性を踏まえつつ、筑波大学における部局の枠を超えた横断的かつ多様な学問領域の研究者群の組織化を推進するとともに、将来、当該学問分野をリードする中核研究拠点化やセンターとしての機能形成を目的としています。

“つくばの社工”では、学生が所属する個別研究室内の指導のみならず、学内外・国内外の素晴らしい研究者と協力した教育研究を目指しています。目的意識を共有する多様な研究者から刺激を受け、あなたにしかできない研究成果を目指す“つくばの社工”ならではのアドバンテージを是非活用してください。

サービス組織の経営学

(代表者:岡田幸彦

サービス資源の最適配分

(代表者:吉瀬章子

コンパクトシティ

(代表者:谷口守

都市・地域の経営とデザイン

(代表者:有田智一

医療サービス科学

(代表者:高木英明)

空間情報科学

(代表者:鈴木勉

経済実験・社会シミュレーション

(代表者:秋山英三

都市のOR

(代表者:大澤義明

東アジアの伝統的民家・集落と環境

(代表者:藤川昌樹

価値創造

(代表者:繁野麻衣子

生態系サービス研究

(代表者:吉野邦彦

マネジメント・サイエンス、経済学、心理学にわたる共同学際研究

(代表者:金澤雄一郎)

戦略アライアンス

戦略アライアンス

入試情報

留学希望の方へ

アクセス

お問い合わせ

copyright (c) 2013 University of Tsukuba all rights reserved.

筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。