交通を科学する

 交通システム科学研究室は,担当教員(准教授:和田健太郎)が2019年4月に筑波大学に着任してできた新しい研究室です.

 当研究室では,ヒトの意思決定,クルマの挙動,インフラ性能など,様々な要素の相互作用が生み出す交通システムの振る舞いの理解,また,望ましい状態を実現するための方策の構築を目指して,理論・実証の双方から研究を行なっています.数理的な(モデルを用いた)解析による理論研究を中心に,実観測やデータによる理論検証・仮説構築,交通シミュレータによる施策評価等も行います.

More Details