高野 祐一(筑波大学)

JP EN

学会発表

国際会議/研究集会

  1. A. Watanabe, R. Tamura, Y. Takano, and R. Miyashiro: Branch-and-bound algorithm for optimal sparse canonical correlation analysis. INFORMS 2021 Annual Meeting, Online, October 24--27, 2021.
  2. Y. Takano: Best subset selection for linear regression models via mixed-integer optimization. NUS-Tsukuba Joint-Online-Workshop on "Sustainable Management and Data Sciences," Online, March 14--15, 2021.
  3. K. Kudo, Y. Takano, and R. Nomura: Stochastic discrete first-order algorithm for feature subset selection. INFORMS 2020 Annual Meeting, Online, November 8--11, 2020.
  4. Y. Takano and J. Gotoh: Dynamic portfolio selection with linear control policies for coherent risk minimization. Webinars of Quantitative Finance Program, Stony Brook University, Online, September 4, 2020.
  5. Y. Takano and J. Gotoh: Dynamic portfolio selection with linear control policies for coherent risk minimization. INFORMS 2019 Annual Meeting, Washington State Convention Center, Seattle, U.S.A., October 20--23, 2019.
  6. Y. Takano and R. Miyashiro: Best subset selection via cross-validation criterion. International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis -- International Conference on Optimization Techniques and Applications (NACA-ICOTA2019), Future University Hakodate, Hakodate, Japan, August 26--31, 2019.
  7. Y. Takano and R. Miyashiro: Recent advances in mixed-integer optimization approaches to feature subset selection. INFORMS 2018 Annual Meeting, Phoenix Convention Center, Phoenix, U.S.A., November 4--7, 2018.
  8. R. Tamura, K. Kobayashi, Y. Takano, R. Miyashiro, K. Nakata, and T. Matsui: Mixed-integer quadratic optimization formulations for eliminating multicollinearity based on variance inflation factor. INFORMS 2017 Annual Meeting, George R. Brown Convention Center, Houston, U.S.A., October 22--25, 2017.
  9. Y. Takano, T. Sato, R. Miyashiro, and A. Yoshise: Feature subset selection for logistic regression via mixed integer optimization. Workshop on Advances in Optimization, TKP Shinagawa Conference Center, Shinagawa, Japan, August 12--13, 2016.
  10. Y. Takano, T. Sato, R. Miyashiro, and A. Yoshise: Feature subset selection for logistic regression via mixed integer optimization. The 28th European Conference on Operational Research (EURO2016), Poznan University of Technology, Poznan, Poland, July 3--6, 2016.
  11. Y. Takano: Feature subset selection for linear/logistic regression via mixed integer optimization. The 22nd International Symposium on Mathematical Programming (ISMP2015), Wyndham Grand Pittsburgh Downtown, Pittsburgh, U.S.A., July 12--17, 2015.
  12. Y. Takano, K. Nanjo, N. Sukegawa, and S. Mizuno: A cutting plane algorithm for mean-CVaR portfolio optimization under nonconvex transaction costs. The 26th EURO-INFORMS Joint International Conference (EURO2013), Sapienza University of Rome, Rome, Italy, July 1--4, 2013.
  13. Y. Takano and J. Gotoh: Control policy optimization for dynamic asset allocation. INFORMS 2012 Annual Meeting, Phoenix Convention Center, Phoenix, U.S.A., October 14--17, 2012.
  14. Y. Takano and J. Gotoh: Control policy optimization for dynamic asset allocation by using kernel principal component analysis. The 21st International Symposium on Mathematical Programming (ISMP2012), Berlin Institute of Technology, Berlin, Germany, August 19--24, 2012.
  15. Y. Takano and J. Gotoh: A nonlinear control policy using kernel method for dynamic asset allocation. INFORMS 2011 Annual Meeting, Charlotte Convention Center, Charlotte, U.S.A., November 13--16, 2011.
  16. Y. Takano and R. Sotirov: Polynomial optimization approach to constant rebalanced portfolio optimization. CentER Operations Research Seminar, Tilburg University, Tilburg, Netherlands, September 9, 2010.
  17. Y. Takano and Y. Yamamoto: Metric-preserving reduction of earth mover's distance. The 20th International Symposium on Mathematical Programming (ISMP2009), Chicago Marriott Downtown Magnificent Mile, Chicago, U.S.A., August 23--28, 2009.
  18. Y. Takano and J. Gotoh: Constant rebalanced portfolio optimization under nonlinear transaction costs. Modeling and Optimization: Theory and Applications (MOPTA2009), Lehigh University, Bethlehem, U.S.A., August 19--21, 2009.
  19. Y. Takano and J. Gotoh: Alpha-conservative approximation for probabilistically constrained convex programs. The 7th International Conference on Optimization: Techniques and Applications (ICOTA2007), Kobe International Conference Center, Kobe, Japan, December 12--15, 2007.

国内学会/研究集会

  1. 最首大輝, 工藤晃太, 高野祐一: 切除平面法によるCox比例ハザードモデルの特徴選択. 研究集会「最適化:モデリングとアルゴリズム」, 政策研究大学院大学(ハイブリッド開催), 2022年3月22日~23日.
  2. 高野祐一, 宮代隆平: 混合整数最適化による線形回帰モデルの最良変数選択. 科研費「機械学習システムの社会実装に向けた次世代最適化技法の研究」2021年度シンポジウム, オンライン開催, 2021年9月1日.
  3. 高野祐一, 後藤順哉: コヒレントリスク指標に基づくポートフォリオの線形制御政策最適化. 日本オペレーションズ・リサーチ学会「評価のOR」研究部会, 筑波大学 東京キャンパス, 2019年7月27日.
  4. 高野祐一, 宮代隆平: 交差確認規準による回帰式の最良変数選択.日本ペレーションズ・リサーチ学会 2019年春季研究発表会, 千葉工業大学 津田沼キャンパス, 2019年3月14日~15日.
  5. 高野祐一, 後藤順哉: コヒレントリスク指標に基づくポートフォリオの線形制御政策最適化. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2019年春季研究発表会, 千葉工業大学 津田沼キャンパス, 2019年3月14日~15日.
  6. 高野祐一: 混合整数最適化によるロジットモデルの変数選択. 科研費「新時代の最適化モデルに基づく意思決定支援プラットフォームの研究と開発」2018年度ワークショップ, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 2018年9月10日.
  7. 高野祐一: データ解析コンペティションへの招待. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 本部SSOR2018, 水上温泉 源泉湯の宿 松乃井, 2018年8月29日~31日.
  8. 高野祐一: 多重共線性を考慮した最良部分集合選択. 第29回RAMPシンポジウム, 筑波大学 筑波キャンパス, 2017年10月12日~13日.
  9. 田村隆太, 小林健, 高野祐一, 宮代隆平, 中田和秀, 松井知己: 多重共線性を除去するための最良部分集合選択. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2017年春季研究発表会, 沖縄県市町村自治会館, 2017年3月15日~17日.
  10. 高野祐一, 石井信明, 村木正昭: 競争入札における見積作業への資源配分と入札利幅の最適化. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2016年春季研究発表会, 慶應義塾大学 矢上キャンパス, 2016年3月17日~18日.
  11. 高野祐一, 石井信明, 村木正昭: 費用見積のための資源配分を考慮した競争入札戦略. 情報処理学会 第78回全国大会, 慶應義塾大学 矢上キャンパス, 2016年3月10日~12日.
  12. 高野祐一: 情報量規準と混合整数最適化による回帰モデルの変数選択. 山本芳嗣先生 ご退職記念シンポジウム「最適化:新たな価値創造のためのモデルとアルゴリズム, 筑波大学 筑波キャンパス, 2016年3月4日.
  13. 西村直樹, 鮏川矩義, 高野祐一, 岩永二郎, 水野眞治: ECサイトの商品特性を考慮した2次元確率表による購買予測. 情報処理学会 第77回全国大会, 京都大学 吉田キャンパス, 2015年3月17日~19日.
  14. 高野祐一: データ解析コンペティションへの招待. 日本ソーシャルデータサイエンス学会 2014年秋季シンポジウム, CIC国際会議場, 2014年11月29日.
  15. 高野祐一, 宮代隆平: MallowsのCp規準 による回帰式の変数選択:混合整数二次計画法を用いた解法. 第13回情報科学技術フォーラム(FIT2014), 筑波大学 筑波キャンパス, 2014年9月3日~5日.
  16. 関根琴美, 高野祐一, 村木正昭: 季節性を考慮した協調フィルタリング. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2014年秋季研究発表会, 北海道科学大学, 2014年8月28日~29日.
  17. 高野祐一, 宮代隆平: MallowsのCp規準による回帰式の変数選択―混合整数二次計画法を用いた解法―. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2014年春季研究発表会, 大阪大学 豊中キャンパス, 2014年3月6日~7日.
  18. 高野祐一: 不確実性下の意思決定と評価のための方法論. ORセミナー「Excelで学ぶOR」, 構造計画研究所, 2013年9月20日.
  19. 角田信太郎, 高野祐一, 村木正昭: ノンパラメトリック項目反応理論のための数理最適化モデル. RIMS研究集会「最適化の基礎理論と応用」, 京都大学 数理解析研究所, 2013年8月29日~30日.
  20. 高野祐一: 確率計画法とその応用. 「電力システムと最適化」ワークショップ, 東京大学 生産技術研究所, 2013年3月28日.
  21. 高野祐一, 後藤順哉: カーネル法を利用した動的ポートフォリオ最適化. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2013年春季研究発表会, 東京大学 本郷キャンパス, 2013年3月5日~6日.
  22. 角田信太郎, 高野祐一, 村木正昭: ノンパラメトリック項目反応理論のための数理最適化モデル. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2013年春季研究発表会, 東京大学 本郷キャンパス, 2013年3月5日~6日.
  23. 高野祐一, 後藤順哉: 非線形制御ポリシーを用いた動的ポートフォリオ最適化. 中之島ワークショップ「金融工学・数理計量ファイナンスの諸問題2012」, 大阪大学 金融・保険教育研究センター, 2012年11月30日~12月1日.
  24. 高野祐一, 後藤順哉: 動的資産配分のためのカーネル法を利用した非線形制御ポリシー. 日本オペレーションズ・リサーチ学会「確率最適化モデルとその応用」研究部会, 芝浦工業大学 SIT総合研究所 佃イノベーションスクエア, 2012年7月14日.
  25. 高野祐一, 後藤順哉: 動的資産配分のためのカーネル法を利用した非線形制御ポリシー. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2012年春季研究発表会, 防衛大学校, 2012年3月27日~28日.
  26. 高野祐一, 後藤順哉: 動的資産配分のためのカーネル法を利用した非線形制御ポリシー. 第36回ジャフィー大会, 筑波大学 東京キャンパス, 2012年3月12日~13日.
  27. 高野祐一, 後藤順哉: 動的資産配分のためのカーネル法を利用した非線形制御ポリシー. 日本オペレーションズ・リサーチ学会「計算と最適化の新展開(SCOPE)」研究部会, 中央大学 後楽園キャンパス, 2011年12月17日.
  28. 高野祐一: データ解析コンペと海外滞在のススメ. 日本オペレーションズ・リサーチ学会「OR横断若手の会(KSMAP)」研究部会 若手研究交流会, 琵琶湖コンファレンスセンター, 2011年8月29日~31日.
  29. 高野祐一, Renata Sotirov: コンスタント・リバランス・ポートフォリオ選択問題に対する多項式最適化アプローチ. RIMS研究集会「最適化手法の深化と広がり」, 京都大学 数理解析研究所, 2011年7月21日~22日.
  30. 高野祐一, Renata Sotirov: コンスタント・リバランス・ポートフォリオ選択問題に対する多項式最適化アプローチ. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2011年春季研究発表会, 電気通信大学, 2011年3月17日~18日.
  31. 高野祐一, 木村康宏, 宮川裕幸, 服部由佳, 鮏川矩義, 佐藤俊樹, 竹口哲平: 階層ベイズ法を利用した需要予測と販売価格最適化. データ解析コンペティション 一般部門 最終発表会, 東京理科大学 神楽坂キャンパス 森戸記念館, 2011年2月28日.
  32. 高野祐一, Renata Sotirov: コンスタント・リバランス・ポートフォリオ選択問題に対する多項式最適化アプローチ. 日本オペレーションズ・リサーチ学会「計算と最適化の新展開(SCOPE)」研究部会, 中央大学 後楽園キャンパス, 2010年11月20日.
  33. 高野祐一, 木村康宏, 宮川裕幸, 服部由佳, 鮏川矩義, 佐藤俊樹, 竹口哲平: データ解析コンペティション中間発表. データ解析コンペティション 一般部門 中間発表会, 東京理科大学 神楽坂キャンパス 森戸記念館, 2010年11月15日.
  34. 高野祐一, 小川直哉, 木村康宏, 宮川裕幸, 市村陽, 服部由佳, 鮏川矩義: 重力モデルを利用したフロー推定による顧客プロファイル分析. 地理情報の解析と視覚化 GODIVA 第5回サミット, 筑波大学 筑波キャンパス, 2010年3月9日.
  35. 高野祐一, 小川直哉, 木村康宏, 宮川裕幸, 市村陽, 服部由佳, 鮏川矩義: データ解析コンペティション最終発表. データ解析コンペティション 一般部門 第1回最終発表会, 東京理科大学 九段校舎, 2010年2月22日.
  36. 高野祐一: 最適化モデルを用いたマーケティング・データ解析, 第3回横幹連合コンファレンス「コトつくりの可視化」, 東北大学 片平さくらホール, 2009年12月3日~5日.
  37. 高野祐一, 小川直哉, 木村康宏, 宮川裕幸, 市村陽, 服部由佳, 鮏川矩義: データ解析コンペティション中間発表. データ解析コンペティション 一般部門 中間発表会, 東京理科大学 九段校舎, 2009年11月30日.
  38. 高野祐一, 後藤順哉: 取引コストを考慮したコンスタント・リバランス・ポートフォリオ最適化. 日本オペレーションズ・リサーチ学会「計算と最適化の新展開(SCOPE)」研究部会 SCOPE@つくば―未来を担う若手研究者の集2009―, 筑波大学 筑波キャンパス, 2009年5月30日~31日.
  39. 高野祐一, 小川直哉, 角田淳史, 木村康宏, 矢島洋平: メニュー販促を考慮した売場陳列決定モデル. データ解析コンペティション 成果報告会, NTTデータ 豊洲センタービル, 2009年3月30日.
  40. 高野祐一, 山本芳嗣: 距離を保存するEarth Mover's Distanceの定式化. 研究集会「最適化:モデリングとアルゴリズム」, 統計数理研究所, 2009年3月25日~26日.
  41. 高野祐一, 後藤順哉: 取引コストを考慮したコンスタント・リバランス・ポートフォリオ最適化. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2009年春季研究発表会, 筑波大学 筑波キャンパス 春日地区, 2009年3月17日~18日.
  42. 高野祐一, 山本芳嗣: 距離を保存するEarth Mover's Distanceの定式化. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2009年春季研究発表会, 筑波大学 筑波キャンパス 春日地区, 2009年3月17日~18日.
  43. 高野祐一, 小川直哉, 角田淳史, 木村康宏, 矢島洋平: データ解析コンペティション最終発表. データ解析コンペティション 学生部門 最終発表会, 東京理科大学 理窓会館, 2009年2月7日.
  44. 高野祐一, 後藤順哉: 取引コストを考慮したコンスタント・リバランス・ポートフォリオ最適化. 第30回ジャフィー大会, 筑波大学 東京キャンパス, 2009年1月29日~30日.
  45. 高野祐一, 小川直哉, 角田淳史, 木村康宏, 矢島洋平: データ解析コンペティション中間発表. データ解析コンペティション 学生部門 中間発表会, 東京理科大学 九段下キャンパス, 2008年11月29日.
  46. 高野祐一, 山本芳嗣: 距離を保存するEarth Mover's Distanceの定式化. 都市のOR サマーセミナー2008, 筑波大学 筑波キャンパス, 2008年8月20日.
  47. 高野祐一, 山本芳嗣: 距離を保存するEarth Mover's Distanceの定式化. RIMS研究集会「21世紀の数理計画:最適化モデルとアルゴリズム」, 京都大学 数理解析研究所, 2008年7月23日~25日.
  48. 高野祐一, 水野圭, 山菅和人, 小川直哉, 佐藤齊行: 最小絶対値回帰分析を利用した落札金額マッピングシステムの提案. 日本オペレーションズ・リサーチ学会「計算と最適化(S@CO)」研究部会 S@CO in 筑波―未来を担う研究者の集い―, 筑波大学 筑波キャンパス, 2008年5月31日~6月1日.
  49. 高野祐一, 水野圭, 山菅和人, 小川直哉, 佐藤齊行: 最小絶対値回帰分析を利用した落札金額マッピングシステムの提案. データ解析コンペティション 成果報告会, NTTデータ 豊洲センタービル, 2008年3月27日.
  50. 高野祐一, 水野圭, 山菅和人, 小川直哉, 佐藤齊行: データ解析コンペティション最終発表. データ解析コンペティション 学生部門 最終発表会, 東京理科大学 九段下キャンパス, 2008年1月26日.
  51. 高野祐一, 後藤順哉: Alpha-conservative approximation with application to value-at-risk minimization. 第28回ジャフィー大会, 中央大学 駿河台記念館, 2007年12月21日~22日.
  52. 高野祐一, 水野圭, 山菅和人, 小川直哉, 佐藤齊行: データ解析コンペティション中間発表. データ解析コンペティション 学生部門 中間発表会, 東京理科大学 九段下キャンパス, 2007年12月8日.
  53. 高野祐一: コロッケ販売個数の予測 NEWモデルの考案!. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 第58回シンポジウム, 中央大学 後楽園キャンパス, 2007年10月13日.
  54. 高野祐一, 後藤順哉: 機会確率制約付き凸計画問題に対するalpha-保守的近似. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2007年秋季研究発表会, 政策研究大学院大学, 2007年9月27日~28日.
  55. 高野祐一, 後藤順哉: 確率制約付き凸計画問題に対するalpha-保守的近似. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 SSOR 2007, 伊東ホテル聚楽, 2007年8月29日~30日.
  56. 高野祐一, 後藤順哉: 機会確率制約付き凸計画問題に対するalpha-保守的近似. RIMS研究集会「数値最適化の理論と実際」, 京都大学 数理解析研究所, 2007年7月28日~20日.
  57. 高野祐一, 後藤順哉: 機会制約付き凸計画問題に対する大域的最適化. 日本オペレーションズ・リサーチ学会「計算と最適化(S@CO)」研究部会 S@CO in 筑波―未来を担う研究者の集い―, 筑波大学 筑波キャンパス, 2007年6月2日~3日.
  58. 高野祐一, 後藤順哉: 機会制約付き凸計画問題に対する大域的最適化. 研究集会「最適化:モデリングとアルゴリズム」, 統計数理研究所, 2007年3月22日~24日.
  59. 後藤順哉, 高野祐一: 新聞売り子問題におけるCoherent Risk Measure. 日本オペレーションズ・リサーチ学会「計算と最適化(S@CO)」研究部会 S@CO in 筑波―未来を担う研究者の集い―, 筑波大学 筑波キャンパス, 2006年5月27日~28日.
  60. 後藤順哉, 高野祐一: Conditional Value-at-Risk最小化を考慮した新聞売り子問題に対する解法. 都市のORウィンターセミナー in つくば, 筑波大学 筑波キャンパス, 2006年1月10日.
  61. 後藤順哉, 高野祐一: Conditional Value-at-Risk最小化を考慮した新聞売り子問題に対する解法. 日本オペレーションズ・リサーチ学会「最適化とアルゴリズム(SAOR)」研究部会 SAOR@筑波―未来を担う研究者の集い―, 筑波大学 筑波キャンパス, 2005年5月21日~22日.
  62. 高野祐一: コロッケ販売個数の予測 NEWモデルの考案!. 4大学交流授業「問題発見とモデル化のプレゼンテーション」. 早稲田大学 理工学部, 2004年3月18日.
PAGE TOP