www.tsukuba.ac.jp

公共心理研究室(谷口綾子研究室)は、筑波大学大学院システム情報工学研究科リスク工学専攻に所属しています。
主に都市における諸問題について、社会心理学的アプローチなどを援用しながら研究を行っています。
本ホームページでは、研究室での様子などを紹介していきます。
詳しくは各項目をご覧ください。


<キーワード>
都市リスク認知、都市交通問題、公共交通の利用促進、子育てバリアフリー、社会規範…




研究室の最近の話題

  • 新学期スタート 2020年5月1日ようやく春学期が始まりました.今年は,修士2年4名,修士1年4名,学士4年1名の計9名に学士3年1名を加えて,10名の学生が本研究室で活動いたします. 今年の筑波大は,全授業がオンライン化され,社会工学類,リスク工学専攻で開講されているグループワークもオンラインで行われます.ゼミもオンラインで実施しております. 使い慣れないアプリケーションや初めて触れるIT技術も少なくなく,自分自身も日々アップデートされている気分です.. 例年とは全く異なる状況ですが,今だからできる経験を活かし,より実りある時間にしたいです. 文責:宮谷台
    投稿: 2020/05/01 12:00、筑波大学公共心理研究室
  • 令和元年度卒業式 2020年3月25日早い桜が咲く中,卒業式が行われました.COVID-19の影響で,一般の学生は式典に参加することができませんでしたが, 専攻・学類ごとでの学位授与のため多くの学生が大学で学生最後の時間を過ごしておりました.本年度の卒業生は,修士4名(瀬藤,川嶋,王,韓),学士4名(河北,南手,宮沢,宮谷台)の計8名です.文責:宮谷台
    投稿: 2020/05/01 12:00、筑波大学公共心理研究室
  • International Conference on ​Transport & Health (ICTH) @メルボルンに参加してきました 2019年11月6~8日にオーストラリアのメルボルンにて開催され た​​International Conference on ​Transport & Healthに参加して参りまいりました.当研究室からは,M1の根本と麓がポスターセッションにて発表を行いました.また,High Scoring Abstract Awardを根本が,BEST Poster Awardを谷口先生がそれぞれ受賞されました.おめでとうございます.来年はカナダにて開催とのことで,来年度も良い研究成果を発表できるよう研究活動 に励みたいところです.International Conference on ​Transport & Healthについてはこちら ...
    投稿: 2019/11/10 16:02、筑波大学公共心理研究室
  • 谷口綾子先生の教授就任 2019年10月16日付で谷口綾子先生が教授に就任されました.また,翌17日には学生が中心となって教授就任のお祝いをさせて頂きました.文責:麓
    投稿: 2019/11/10 15:53、筑波大学公共心理研究室
  • 三大学合同ゼミ&研究室ゼミ旅行@北海道に行ってきました 2019年9月15~19日に,北海道にて三大学合同ゼミと研究室ゼ ミ旅行に行ってまいりました.16~17日は,三大学合同ゼミに参加しました.今年の三大学合同ゼミでは,早稲田大学(佐々木邦明研),室蘭工大(有村 研,浅田研),筑波大学(谷口守研,谷口綾子研)の5つの研究室が集い,日ごろの研究成果の紹介,情報共有を行いました.当研究室からは,B4の河北,南 手,宮澤が卒業研究中間発表のプレ発表ということで,プレゼンを行い,他大学の先生方から貴重なご意見を頂くことが出来ました.また,レクリエーションや ジンギスカンを囲んでの交流会などが充実し,他大学の方と親しくなるよい機会となりました.17日午後からは他研究室の方々と別れ ...
    投稿: 2019/11/10 15:52、筑波大学公共心理研究室
  • 第14回JCOMM@金沢に参加しました 2019年7月19~20日に石川県金沢市にて開催された第14回日 本モビリティ・マネジメント会議(JCOMM)に参加してきました.例年同様,当研究室の学生はスタッフとして尽力させて頂きました.また,ポスター発表 セッションや口頭セッションにも参加させて頂き,活発な情報交換をさせて頂きました.文責:麓
    投稿: 2019/11/10 15:51、筑波大学公共心理研究室
  • 京都ゼミ(読書ゼミ) @大原の里(京都) 去る2018年11月11日(日)~12日(月)に京都の大原にて、 京都大学、山口大学、呉高専、愛媛大学、東京理科大学の皆様と読書ゼミを開催いたしました。今年の公共心理研究室では「幸せ」をテーマに3人一組で1冊の 本を読破し、そこから得られた「幸せ」についての知識を共有させて頂きました。2018年度の当研究室の課題図書は以下の3冊でした。1、ポジティブ心理 学入門2、幸せを科学する3、世界の学者が語る幸福普段の理工学的な思考を離れ、文学的な面から意見交換を行うことのできる、非常に貴重なゼミとなりまし た。来年度の京都ゼミ(読書ゼミ)にも期待が高まるところです。文責 ...
    投稿: 2019/02/20 21:26、筑波大学公共心理研究室
1 - 5 / 68 件の投稿を表示中 もっと見る »