筑波大学大学院システム情報工学研究科/社会システム・マネジメント:SSM

教員・研究

Not Shown

職名 准教授
研究室 3F1230
所属 システム情報系 社会工学域
担当 学群 理工学群 社会工学類
大学院 システム情報工学研究科 社会システム・マネジメント専攻
大学院 システム情報工学研究科 経営・政策科学専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (社会工学学位プログラム)
専門分野名 開発経済学
学位 Ph.D. in Economics and Agricultural Economics (Michigan State University)
学歴・職歴 学歴
1998.8 - 2003.8: Michigan State University (Ph.D.)

職歴
2007.4 - : University of Tsukuba, Associate Professor
2004.8 - 2007.3: Foundation for Advanced Studies on International Development, Research Fellow
2001.2 - 2004.7: World Bank, Consultant
リサーチユニット
担当授業科目 学類: 国際開発論、経済学入門 III
社会システム工学専攻: 国際開発論
所属学会 日本経済学会
International Association of Agricultural Economists
代表的著書・論文 “Does Observance of Religious Holidays Affect Agricultural Productivity and Household Welfare? Evidence from Rural Ethiopia” Journal of Development Studies 49 (9): 1188-1201, 2013 (with Horacio Gonzalez)
“Assessing the Impact of Training on Lowland Rice Productivity in an African Setting: Evidence from Uganda,” World Development 40(8): 1610-1618. 2012 (with Yukinori Ito and Keijiro Otsuka)
“Has the Program 3x1 for Migrants Contributed to Community Development in Mexico? Evidence from Panel Data of 2000 and 2005,” Review of Development Economics 16 (2): 291-304. 2012 (with Horacio Gonzalez)
“Why Did Wage Inequality Increase?: Evidence from Urban India 1983-99.” Journal of Development Economics 81 (1): 97-117, 2006
“Caste and Tribe Inequality: Evidence from India 1983-99.” Economic Development and Cultural Change 54(2): 369-404, January 2006.
“Iriaichi: Collective vs. Individualized Management of Community Forests in Post-War Japan.” Economic Development and Cultural Change 48 (4): 867-86, July 2000 (with Takeshi Sakurai and Keijiro Otsuka)
研究概要 発展途上国における健康、農業、貧困に関するミクロ実証分析
研究指導の方針 大学院1年で ミクロ経済学、計量経済学、開発経済学の基礎を身につけ、1年次後半から各自関心のあるテーマに関する文献レビューとデータ分析を始める。少人数のゼミでの発表を週1回程度義務付ける。

 

 

筑波大学大学院システム情報工学研究科/社会システム・マネジメント:SSM