筑波大学大学院システム情報工学研究科/社会システム・マネジメント:SSM

教員・研究

Not Shown

職名 教授
研究室 3F1236
所属 システム情報系 社会工学域
担当 学群 理工学群 社会工学類
大学院 システム情報工学研究科 社会システム・マネジメント専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会システム工学専攻
大学院 システム情報工学研究科 経営・政策科学専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (社会工学学位プログラム)
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (サービス工学学位プログラム)
専門分野名 組織行動論 (Organizational Behavior)
産業・組織心理学 (Industrial and Organizational Psychology)
学位 Ph.D. (Organizational Behavior), Cornell University, 1994
M.S. (社会学), 慶応義塾大学, 1986
B.S. (社会学), 慶応義塾大学, 1979
学歴・職歴 1979年  慶應義塾大学文学部社会・心理・教育学科社会学専攻 
1994年  コ-ネル大学大学院組織行動研究科組織行動論博士課程 
リサーチユニット サービス組織の経営学
マネジメント・サイエンス、経済学、心理学にわたる共同学際研究
担当授業科目 学類: 経営組織論,社会調査法および実習
大学院システム情報工学研究科: 組織行動論,組織科学特論
所属学会 American Psychological Association 
Association for Psychological Science 
Society for Industrial and Organizational Psychology
Academy of Management 
代表的著書・論文 When openness to experience and conscientiousness affect continuous learning: A mediating role of intrinsic motivation and a moderating role of occupation. Japanese Psychological Research, 53 (1), 1-14, 2011.

Mapping a psychological processes underlying the causal link from locus of control to intrinsic job satisfaction: A mediating role of perceived work environment. Japanese Journal of Administrative Science, 23 (1), 1-14, 2010.

A test of a personality-based view of intrinsic motivation. Japanese Journal of Administrative Science. 22 (2), 117-130, 2009.

On a psychological trip from latent self to manifest self: A study on multiple selves in a single situation. Japanese Journal of Administrative Science, 22 (2), 103-115, 2009.

On the relationships among organisational family supportiveness, work-family conflict, and turnover intention -- Evidence on Japanese men, International Journal of Human Resources Development, International Journal of Human Resources Development and Management, 7 (3/4), 319-334, 2007.

On constructing an objective measure of effort to predict the amount of effort allocation, Japanese Journal of Administrative Science, 19, 1, 1-12, 2006.

On work-related self-adjustment discounting the negative impact of performance-demands discrepancies on situational commitment, Japanese Association of Industrial/Organizational Psychology Journal, 18, 2, 88-99, 2005.

A cognitive dissonance explanation of the effect of self-adjustment on the relationship between person-situation discrepancy and situational commitment, Japanese Journal of Administrative Science, 18, 2, 113-126, 2005.

詳しくは、http://www.trios.tsukuba.ac.jp/Profiles/0004/0000596 ... を参照
主な受賞 AMA-Organizational Dynamics Best Paper Award, Academy of Management (1993)
その他の活動 CAAAN (Cornell Admissions Ambassador Association Network) 委員
研究概要 人間行動の「なぜ」を、環境要因と心理学的個人差要因の相互作用に着目して研究しています。
研究指導の方針 大学とは自立学習の場です。研究したいテーマを自分で発掘し、独立自尊の精神で追求してください。それを助けるのが教師の役割だと認識しています。

 

 

筑波大学大学院システム情報工学研究科/社会システム・マネジメント:SSM