筑波大学大学院システム情報工学研究科/社会システム・マネジメント:SSM

概要

社会システム・マネジメント専攻とは?

社会システム・マネジメント専攻は, 社会現象を科学的・工学的手法によって分析することで, グローバルな環境激変の中での価値創造 (イノベーション) を通して

  • 時代を先駆ける社会システムや企業理念の創出を行う研究者
  • それらの実現を担う高度専門職業人

の育成を目指す, 博士後期課程(区分制博士課程の後期3年の課程: 博士課程に相当)です。

特に, 21世紀の社会システム・企業理念に関わる独創的な方法論を創出できる研究者の育成と, グローバルな社会システム動向を捉え, 時代に立向かう新しいシステムの実現を牽引するリーダーとして実務遂行を担える高度専門職業人の育成を目指します。
この目標に向けて, 社会経済システム、経営工学、都市計画の3研究分野で, 問題の発見と解決法の開発を総合的に考察・分析する研究活動を活発に展開しています。

  1. 社会経済システム分野では, 近代経済学を軸に, ゲーム理論, 情報処理, オペレーションズ・リサーチ等の工学的手法を取り入れ, 理論経済研究と実証計量分析に取り組んでいます。
    主として公共部門における高度な意思決定能力を備える人材の育成, 社会経済システムの問題解決に関する情報発信能力を備える人材の育成を目指します。
  2. 経営工学分野では, 社会・経営組織・情報システム等の様々なシステムを記述・分析・設計・構築・運営・評価するための基礎的数理手法と, その現実問題への適用を領域横断的に研究しています。コンプライアンスを基本としながら, 経営・情報・数理の少なくとも1つのエリアにおいて, 世界的なレベルで継続的に研究が行える人材の育成, 企業活動の時空間的な変化・展開を自立した視点で俯瞰でき, 多分野専門職集団とコミュニケートできるゼネラリストの育成を目指します。
  3. 都市計画分野では, 地球環境時代に対応して, 住宅・交通・防災・環境保全等の都市や環境システ関わる身近な問題から, 国土計画や地球環境に関わるグローバルな課題を工学や地域科学のアプローチによって研究しています。21世紀の都市・地域問題の解決に関わる俯瞰的かつ独創的な方法論を創出できる人材の育成, グローバルな社会経済動向を捉えると同時に都市・地域問題の本質を見抜き, リーダーとしてこれらの問題の解決に取り組むことのできる人材の育成を目指します。

上記の各3研究分野の連携、また社会システム工学専攻と経営・政策科学専攻という2つの博士前期課程(区分制博士課程の前期2年の課程:修士課程に相当)との連携を密接にとり、幅広い視点から多様な教育・研究活動を実践していることが最大の特徴です。

人材養成の目的、教育目標、求める学生像

本専攻では、人材養成の目的、教育目標、求める学生像を以下のように定めています。

○人材養成の目的
全地球的な環境激変の中で,時代を先駆ける社会システム・企業理念の創出・実現を担う人材を育成する。具体的には、21世紀の社会システム・企業理念に関わる,独創的な方法論を創出できる研究者、ならびに、グローバルな社会システム動向を捉え,時代に立向かう新しいシステムの実現を牽引するリーダーとして,価値創造と実務遂行を担える高度な専門職業人の輩出を目指しています。
○教育目標
社会経済システム、経営工学、および都市計画の3専門分野から構成されている。広範な社会・経済問題の理論的・実証的分析能力や、企業経営戦略や公共政策の立案・実施に貢献できる高度な研究能力、国土計画や地球環境に関するグローバルな課題に対する政策提言能力などの養成を目指しています。
○求める学生像
時代を先駆ける社会システム・企業理念の創出・実現に向けて積極的な貢献者たらんとする人や、専門的研究者を志す者。特に、一定の研究業績の蓄積を有する社会人の受け入れを積極的に進めています(社会人早期修了プログラム)。

組織の位置づけ

教員組織であるシステム情報系・社会工学域に所属する教員が関わる学類(4年制大学の学部に相当)や大学院研究科の各専攻の集合体のことを「社工関連組織」ということにすると、社会システム・マネジメント専攻はその中の一部分を構成しています。社会システム・マネジメント専攻はシステム情報工学研究科の後期課程の専攻です。社工関連組織には、社会システム・マネジメント専攻以外にも、前期課程専攻である経営・政策科学専攻と社会システム工学専攻があります。その他関連する組織として、リスク工学研専攻と生命環境科学研究科の環境科学専攻(前期課程)・持続環境科学専攻(後期課程)にも所属している者もいます。

本専攻に関わる大学院組織の沿革

社工関連組織の中で社会システム・マネジメント専攻にかかわりの深い組織の変遷は以下のようにまとめられます。

1976年:独立修士課程の研究科として経営・政策科学研究科が発足する。

1978年:博士課程(5年一貫性)の研究科として社会工学研究科が発足する。計量計画学専攻、経営工学専攻、都市・地域計画学専攻の3専攻からなる。

1994年:社会工学研究科の都市・地域計画学専攻で連携大学院方式が発足する。

1997年:社会工学研究科の改編がなされ、社会経済システム専攻、システム情報数理専攻、都市・環境システム専攻、計量ファイナンス・マネジメント専攻の4専攻体制となる。

2000年:社会工学研究科は博士課程(5年一貫性)であるシステム情報工学研究科に編入され、社会システム工学専攻と計量ファイナンス・マネジメント専攻の2専攻に再編される。社会システム工学専攻は社会経済システム分野、システム情報数理分野、都市・環境システム分野の3分野で構成されることになる。

2005年:5年一貫性博士課程が区分制博士課程(2年の博士前期課程と3年の博士後期課程)に移行し、それに伴って、社会システム工学専攻と計量ファイナンス・マネジメント専攻はシステム情報工学研究科における博士前期課程の社会システム工学専攻と博士後期課程の社会システム・マネジメント専攻に再編される。このとき、入学定員は約2.5倍に増加した。また、博士前期課程の社会システム工学専攻は社会経済システム分野、システム情報数理分野、都市・環境システム分野、計量ファイナンス・マネジメント分野の4分野で構成されることになる。また、独立修士課程である経営・政策科学研究科が博士課程前期課程の一専攻としてシステム情報工学研究科に編入された。

2006年:博士課程前期課程となった社会システム工学専攻は社会経済システム分野、経営工学分野、都市計画分野の3分野に再構成された。

 

筑波大学大学院システム情報工学研究科/社会システム・マネジメント:SSM