筑波大学大学院システム情報工学研究科/社会システム・マネジメント:SSM

入試基本情報

実施状況

入学者の選抜に当たっては、多様な入学志願者に対応するため、募集定員を分割して、推薦入試と一般入試(年2回)を行います。推薦入試では口述試験のみを行い、一般入試では英語(必須)及び志望する専門科目もしくは数学についての筆記試験、志望動機や入学後の研究計画等についての口述試験と書類審査を総合して選抜します。留学生を含む多様な学生を積極的に受け入れるため、筆記試験問題は日英併記を行うとともに英語による解答を許し、必要な場合は口述試験についても英語での質疑を行います。

出願資格等の情報は、筑波大学大学院システム情報工学研究科後期課程入学案内を御覧下さい。

過去の入学状況

平成17年度に社会工学専攻の入学定員が大幅に増員されました。しかし、組織改編の過渡期であるため、次年度の平成18年度からの出身別の入学者数の推移を次表に示します。ここで、社会工学類とは他大学の学部に相当するもので、筑波大学理工学群に所属しています。また、社会システム工学専攻の研究分野である社会経済システム分野、経営工学分野、都市計画分野が社会工学類ではそれぞれ社会経済システム主専攻、経営工学主専攻、都市計画主専攻として位置付けられています。

本専攻では約6~7割の入学生が社会工学類出身になっています。その他の3~4割の学生は筑波大学における他の学類出身者、他大学出身者および留学生で構成されています。また、若干名の有職者が毎年入学してきます。

留学生受入

外国人留学生が筑波大学大学院に入学を希望する場合、次の3とおりの方法があります。

  1. 直接、入学試験を受けて、正規の学生として入学する。
  2. 入学試験を受ける前に、研究生として入学する。
  3. (既に日本に滞在が認められている場合)科目等履修生として入学する。

筑波大学における留学生の受入れに関する一般情報は、筑波大学留学生センターのホームページ http://www.intersc.tsukuba.ac.jp/index_j.htm をご覧ください。 外国人留学生のための筑波大学入学案内は http://www.intersc.tsukuba.ac.jp/01prospective/guidebook_j.htm をご覧ください。

正規学生

研究生の期間を経ることなく、正規の大学院生になるための入学試験を受けることができます。大学院の入学時期は毎年4月のみです。

試験の種類 願書受付期間 入学試験日
推薦入試 6月下旬 7月初旬
一般入試 7月下旬 8月下旬
一般入試 1月初旬 2月上旬

社会システム・マネジメント専攻における願書受付期間と入学試験日の概略日程は、上の表のとおりですが、毎年の正確な日程については、本専攻の入試関連ホームページで確認してください。 このページからは、過去の入試問題もダウンロードできます。

入学試験は本学構内において行われるので、来日することが必要です。出身国によっては、来日のためにビザ(入国査証)が要求される場合がありますので、各自で確認してください。

入学時に指導教員を決める必要はありませんが、あらかじめ打診する場合は、指導教員希望調査書( 日本語PDF日本語WORD 英語PDF英語WORD )をメール( ) 、ファクス(+81-29-853-5282)、または郵便で(〒305-8573茨城県つくば市天王台1-1-1、筑波大学大学院システム情報工学研究科経営・政策科学専攻事務室)お送りください。 希望する指導教員の内諾の可否を通知します。

研究生

正規の学生になる前に、研究生として、教員から研究の指導を受けることができます。 研究生の期間を利用して、日本語・日本文化の勉強をしたり、正規学生になるための入学試験の準備をしたりすることができます。 研究生の入学時期は、毎年4月、10月または12月です。研究生の期間は、最長2年間です。 途中で正規生(4月のみ入学)に合格した場合は、入学直前の3月末に研究生を修了します。研究生には、本国に在住のまま、応募することができます。 研究生としての入学の合否は、書類審査だけて判定されます。
研究生への応募に、指導教員の内諾が必要です。次の手順に従って、指導教員の内諾を得てから、研究生に応募してください。

【私費研究生】希望指導教員と連絡を取るところから出願までの手続き(流れ図PDF)

  1. 指導教員希望調査書( 日本語PDF日本語WORD英語PDF英語WORD )、卒業証明書(コピー可)、及び成績証明書(コピー可)を メール ( ) 、または郵便でお送りください。
    〒305-8573 茨城県つくば市天王台1-1-1
    筑波大学大学院システム情報工学研究科 経営・政策科学専攻事務室
  2. 希望する指導教員の内諾の可否を通知します。
  3. 筑波大学留学生センターから外国人研究生の募集要項と入学願書を取り寄せ、「外国人研究生入学願書」を同センターに提出してください。
入学時期 「指導教員希望調査書」等を
経営・政策科学専攻事務室に提出
「外国人研究生入学願書」を
筑波大学留学生センターに提出
4月 〜 前年 7月中旬まで 前年9月下旬〜10月中旬
10月 ~1月中旬まで 3月中旬〜4月上旬
12月 ~3月中旬まで 5月下旬〜6月中旬

科目等履修生

本学大学院では、個々の授業科目の履修を志願する人に、科目等履修生として入学を許可し、単位を与えます。

科目等履修生になるためには、日本での滞在が認められていることが必要です。 受講は、授業担当教員の許可を経て認められます。指導教員は付きません。 修得した単位については,大学院に入学した場合に10単位を超えない範囲で当該大学院における授業科目の履修により修得したものとして取り扱われることもあります。

筑波大学学務部大学院課 (下記URL) から出願要領と入学願書を受け取り、授業担当教員の了承を得て、「筑波大学科目等履修生(大学院)入学願書」を大学院課に提出してください。

科目等履修生出願要領:
http://www.tsukuba.ac.jp/community/auditors/index.html
このページには、出願方法、出願にあたっての留意事項等の案内があります。

文部科学省奨学金(いわゆる国費留学生、MEXT Scholarship)について

  1. 今後、文部科学省奨学金に応募する方へ
    文部科学省奨学金の募集は、在外公館(現地の日本大使館)で行っておりますので、応募やお問合せは、出身国の在外公館(現地日本大使館)にお願いします。
  2. 在外公館における第1次選考合格者で、当専攻への入学を希望する方へ
    1. 「第1次選考合格証明書」「研究計画書」(在外公館の公印入りの)をPDFファイルで専攻長宛て(下記)に送って下さい。
    2. 希望する指導教員3名を専攻長にお知らせ下さい。指導教員は、以下のページで検索して下さい:
    3. お知らせいただいた方には、詳細な書類送付についてご連絡します。
  3. 来日後のスケジュール(3年間)
  4. 参考: 留学生センター 国費留学生FAQ
 

筑波大学大学院システム情報工学研究科/社会システム・マネジメント:SSM