筑波大学システム情報工学研究科/社会システム工学:SSE

教員・研究

Not Shown

職名 准教授
研究室 3F1012 (3601)
実験室
所属 システム情報系 社会工学域
担当 学群 理工学群 社会工学類
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (社会工学学位プログラム)
専門分野名 組合せ最適化,アルゴリズム論,離散数学
学位 博士(情報理工学),東京大学,2010年
学歴・職歴 2005年 3月 東京大学工学部計数工学科 卒業
2007年 3月 東京大学大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻修士課程 修了
2010年 3月 東京大学大学院情報理工学系研究科 数理情報学専攻博士課程 修了
       博士(情報理工学)取得

2007年 4月 ~2010年 3月 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2010年 4月 ~2015年 3月 東京大学大学院情報理工学系研究科 助教
2015年 4月 ~現在     筑波大学システム情報系 准教授
リサーチユニット
担当授業科目 社会工学類: 微積分I,社会工学実習
社会工学専攻: 数理最適化理論
所属学会 日本オペレーションズ・リサーチ学会,日本応用数理学会
代表的著書・論文 Y. Kobayashi and K. Otsuki: Max-flow min-cut theorem and faster algorithms in a circular disk failure model, Proceedings of the 33rd Annual IEEE International Conference on Computer Communications (INFOCOM 2014), 2014, pp. 1635--1643.

A. Bernáth and Y. Kobayashi: The generalized terminal backup problem, Proceedings of the 25th Annual ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA 2014), 2014, pp. 1678--1686.

K. Bérczi and Y. Kobayashi: An algorithm for (n-3)-connectivity augmentation problem: jump system approach, Journal of Combinatorial Theory, Series B, 102 (2012), pp. 565--587.

K. Kawarabayashi, Y. Kobayashi, and B. Reed: The disjoint paths problem in quadratic time, Journal of Combinatorial Theory, Series B, 102 (2012), pp. 424--435.

K. Kawarabayashi and Y. Kobayashi: The edge disjoint paths problem in Eulerian graphs and 4-edge-connected graphs, Proceedings of the 21st Annual ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA 2010), 2010, pp. 345--353.
主な受賞 2005年 第23回日本オペレーションズ・リサーチ学会 学生論文賞
2010年 東京大学大学院 情報理工学系研究科 研究科長賞
2011年 第27回 井上研究奨励賞 (2010年度)
2012年 第11回 船井研究奨励賞
2012年 第2回 日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究賞奨励賞
その他の活動
研究概要 グラフ上の問題を中心に様々な組合せ最適化問題に対して,効率の良いアルゴリズムの設計・解析をしています.また,問題が効率よく解ける鍵は何なのかを探る離散構造の研究もしています.
研究指導の方針 組合せ最適化問題は実社会の様々な場面に現れます.組合せ最適化の手法を用いて問題を解決したい人,組合せ最適化の理論自体を研究したい人のどちらも歓迎します.

 

 

筑波大学システム情報工学研究科/社会システム工学:SSE