筑波大学システム情報工学研究科/社会システム工学:SSE

科目分類(2016年度)

シラバス

都市リスク管理特論
Urban Risk Management
担当教員糸井川 栄一
電子メールitoigawa@sk.tsukuba.ac.jp
研究室総B702
オフィスアワー事前にメールにて時間予約のこと
Webページhttp://www.udmlab.risk.tsukuba.ac.jp/
担当教員谷口 綾子 (たにぐち あやこ)
電子メールtaniguchi@risk.tsukuba.ac.jp
研究室総B701-2 
オフィスアワー事前にメールにて時間予約のこと
Webページhttps://sites.google.com/site/ayakolab/
科目番号01CB302 単位数
授業形態講義 標準履修年次1・2年次
分野SSE・専門・都市計画関連(選択必修)
学期春AB
曜日・時限金曜日1,2時限目
教室総合研究棟B棟0110
学習目標1.都市域における様々な自然災害リスクを理解すること
2.都市域における地震リスクの主要な内容について理解すること
3.都市域における地震に関するリスク認知について理解すること
4.地震リスクに関するデータを用いた分析を通じて、効果的な都市計画的対策を立案することができること
予備知識特になし
授業内容都市域の地震時における防災性能を計測する代表的事例として東京都の地域危険度測定調査を中心に取り上げ、その評価の仕組みや、地域危険度の公表等を通じた防災都市づくり・まちづくりなどの実態について詳説するとともに、受講者による地域危険度に関するデータ分析と発表を通じて、都市域の地域危険度を低減する方策について議論する。

1.都市域における様々なリスク
2.「地震に関する地域危険度測定調査」の概要
3.建物倒壊危険度
4.火災危険度
5.避難危険度
6.地域危険度とリスクコミュニケーション
7.データ分析と現地調査
8.効果的な対策事業効果に関する発表と議論
教科書適宜、教員が用意する
参考文献講義の中で指示する
成績評価講義への参加および発表内容(40%),レポート(又は期末試験)(60%)にて評価する.
授業での
英語使用
日本語と英語を併記したハンドアウトを提供。
講義についてほとんど日本語で行うが、英語での質問があれば英語で回答する。

ページのTOPヘ戻る

 

筑波大学システム情報工学研究科/社会システム工学:SSE