筑波大学システム情報工学研究科/社会システム工学:SSE

科目分類(2016年度)

シラバス

マーケティング・サイエンス
Marketing Science
担当教員近藤 文代
電子メールkondo@sk.tsukuba.ac.jp
研究室3F1131
科目番号01CB253 単位数
授業形態講義 標準履修年次1・2年次
分野SSE・専門・経営工学関連(選択必修)
学期秋AB
曜日・時限金曜日5,6時限
教室3E404
学習目標マーケティングに関連した消費者行動の統計モデルを構築すること
予備知識統計分析 (01CN105)の単位取得済みまたは同等の能力
パーソナルコンピュータの基本操作能力を必要とする。
授業内容この授業はマーケティングモデルコースとして位置付け、よく使用されているマーケティングモデルを取り扱う。 統計的手法を既に知っていることを前提とし、必要に応じて統計的手法を説明する. 前半の一時間は講義を行い、後半の一時間は実際に統計モデルを構築する.授業のトピクスは下記の内容から選択される(通常は第1章から第3章までを行う)。
第1部 基本事項
  1章 イントロダクション
  2章 マーケティング工学のためのツール: 市場反応モデル
第2部 マーケティング戦略の開発
  3章 セグメンテーション
  4章 ポジショニング
  5章 戦略的マーケット分析:概念的フレームワークおよびツール
    市場の需要 およびトレンド分析:時系列分析、コーザル分析
第3部 マーケティングプログラムの開発
  7章 新製品に関する決定-新製品の需要予測
  9章 チャネル政策
  10章 価格およびセールス・プロモーションに関する意思決定
教科書Gary L. Lilien and Arvind Rangasamy (2002), Marketing Engineering, computer-assisted Marketing Analysis and Planning, Addison-Wesley Educational Publishers Inc.
参考文献A)照井伸彦・ウィラワン・ドニ・ダハナ・伴正隆(2009), マーケティングの統計分析, 朝倉書店.
B)阿部誠・近藤文代(2005), マーケティングの科学, 朝倉書店.
C)里村卓也(2010), マーケティング・モデル, 共立出版.
成績評価出席,レポート
授業での
英語使用
英語の教材を使用する。
講義については受講生の状況に応じて英語または日本語、両方で行う。

ページのTOPヘ戻る

 

筑波大学システム情報工学研究科/社会システム工学:SSE