筑波大学システム情報工学研究科/社会システム工学:SSE

科目分類(2016年度)

シラバス

信用リスク論
Credit Risk
担当教員高橋 正文
電子メールmasa@sk.tsukuba.ac.jp
研究室3F1203 内線(5559)
オフィスアワー木曜
科目番号01CB232 単位数
授業形態講義 標準履修年次1・2年次
分野SSE・専門・社会経済関連(選択必修)
学期秋AB
曜日・時限火曜日5,6時限
教室3E406
学習目標市場リスク、信用リスクなどで使われる確率過程の基礎を学習した後、信用や倒産の数理モデルを理解する。
予備知識確率過程論、確率解析を知っていることが望ましい。
数理モデルの理解を中心に講義するので、数学が苦手な学生は覚悟すること。
授業内容信用リスクに関わる様々な確率統計的な数理モデルを理解する。企業の信用が債券など企業発行証券の格付や金利に表現されることから、金利の確率プロセスやそれに派生する証券の評価方法を概観し当面は構造型モデル(Black-Scholes-Merton)の理解に重点を置く。誘導型モデルについては必要最小限の知識の習得にとどめる予定である。

1. Market Risk, Credit Risk and VaR
2. Ito Process and Stochastic Calculus
3. Mathematics of Derivative Securities
4. Term Structure of Interest Rate and Bond Valuation
5. Structural Approach
6. Credit Spread and Default Probability
7. Ratings and Reduced Form Model
教科書特に指定しない。
参考文献J.P.Morgan の CreditMetrics は一読を推奨する。
Musiela and Rutkowski (1998), Martingale Methods in Finanial Modelling, Springer.
成績評価出席点(50%), 期末テスト(50%)で判定する。
授業での
英語使用
教材(Power Pointなど)は英語、講義は日本語。

ページのTOPヘ戻る

 

筑波大学システム情報工学研究科/社会システム工学:SSE