筑波大学システム情報工学研究科/社会システム工学:SSE

科目分類(2016年度)

シラバス

国際金融論
International Finance
担当教員Tran Lam Anh Duong
電子メールanhduongtl at sk.tsukuba.ac.jp
研究室3F1104
担当教員中村 豊
電子メールnakamura@sk.tsukuba.ac.jp
研究室3F1228 内線(5547)
オフィスアワー火曜11:00-13:00
科目番号01CB124 単位数
授業形態講義 標準履修年次1・2年次
分野SSE・専門・社会経済関連(選択必修)
学期秋AB
曜日・時限木曜日1,2時限
教室3E404
学習目標国際経済学の基本知識を十分に理解し、講義で扱われる概念を用いて現実の経済問題に対して経済学的な観点から説明することができるようになることが本授業の目標である。
予備知識マクロ経済学及びミクロ経済学を学習済みであることが望ましい。
授業内容1. 国際経済統計基礎
2. リカード・モデル
3. ヘクシャー=オリーン・モデル
4. 特殊要素モデル
5. 貿易政策と自由貿易
6. 独占的競争モデル
7. 異質な企業モデル
8. 国際収支会計、為替レート、外国為替市場、金利
9. 為替レートの決定要因:為替市場の長期・短期均衡・開放マクロ経済政策
10. 為替政策・国際金融システム
教科書特になし
参考文献1. Krugman, P. R., Obstfeld, M., Melitz, M. J. International Economics: Theory & Policy (Pearson, 10th edition) 邦訳書『クルーグマンの国際経済学』(丸善出版、図書館所蔵)
2. Feenstra, R.C., Taylor, A.M: International Economics (Worth Publishers, 3rd edition)
3. 石川城太・菊地徹・椋寛 『国際経済学をつかむ』(有斐閣)
成績評価宿題 30% - 宿題は3回を予定している。
中間試験 30%
期末試験 40%
授業での
英語使用
英語の教材を使用する。講義は日本語で行うが、質疑は英語でも可。

ページのTOPヘ戻る

 

筑波大学システム情報工学研究科/社会システム工学:SSE