筑波大学システム情報工学研究科/社会システム工学:SSE

科目分類(2016年度)

シラバス

都市計画における課題と方法
Issues and Methods of Urban Planning
担当教員谷口 守 (たにぐち まもる)
電子メールmamoru@sk.tsukuba.ac.jp
研究室3F1134 
担当教員雨宮 護(あめみや まもる)
電子メールamemiya@sk.tsukuba.ac.jp
研究室8A305
科目番号01CB013 単位数
授業形態講義 標準履修年次1年次
分野SSE・共通(選択必修)
学期春AB
曜日・時限水曜日1,2時限
教室3E404
学習目標環境に関する都市計画上の課題や手法に関する基本を講義や質疑を通して習得する
予備知識特になし.
授業内容はじめに,都市計画,環境計画分野が直面する現実的課題と,専門家としてそれにどう向き合うかについて,以下のトピックを取り上げる予定.
 ・プランニング その課題
 ・都市計画,環境計画分野の研究展望
 ・都市計画,環境計画分野の政策展望
 ・研究の作法,教え示す技術
 ・専門家の仕事を知る

次に,「都市と環境」を巡るトピックをオムニバス形式で取り上げ,各テーマの一般的知識の解説と最近の研究動向,取り組み事例などについて解説する.
 ・都市の社会環境
 ・人間行動と都市
 ・都市と緑地環境
 ・都市と犯罪
 ・G空間社会
教科書特になし
参考文献石田頼房『日本近現代都市計画の展開―1868-2003』自治体研究社,2004
Hall, Peter "Cities of Tomorrow" Basil Balckwell, Oxford, 1988
近畿都市学会編『21世紀の都市像』古今書院,2008
原広司『集落の教え100』彰国社,1998
日本建築学会編『建築・都市計画のためのモデル分析の手法』井上書院,1992
奥平耕造『都市工学読本-都市を解析する-』彰国社,1976
Wheeler, Stephen M. and Beatley, Timothy "Sustainable Urban Development Reader (Routledge Urban Reader Series)", Routledge, 2008, 519p.

松本康編『都市社会学入門』,有斐閣,2014
羽生和紀『環境心理学』,サイエンス社,2008
横張真・渡辺貴史編『郊外の緑地環境学』,朝倉書店,2012
リチャード・シュナイダー,テッド・キッチン『犯罪予防とまちづくり』,丸善,2006
浅見泰司・矢野桂司・貞広幸雄・湯田ミノリ編『地理情報科学』,古今書院,2015
成績評価出席,講義中での課題への発表及びレポート
授業での
英語使用
英語の教材と日本語の教材を併用する.
Class material is in Japanese or English, but it is provided in a way that is understandable to international students who use English.

講義について日本語で行うが,質疑は英語でも行なう.
Lecture is given in Japanese, but questions in English are welcome.

ページのTOPヘ戻る

 

筑波大学システム情報工学研究科/社会システム工学:SSE