筑波大学システム情報工学研究科/社会システム工学:SSE

経済支援

入学料・授業料の免除

経済的理由によって納付が困難であると認められる者、その他やむを得ない事情があると認められる者に対し、入学料又は授業料の全部、若しくは一部の免除又は徴収の猶予をする制度があります。


入学料の免除

申請要件:下記のいずれかに該当する場合、免除及び徴収猶予の申請ができます
  • 経済的理由によって納付期限までに納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合
  • 入学前1年以内において、学資負担者が死亡し、又は入学する者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、入学時の納付が著しく困難であると認められる場合
  • その他、学長が相当と認める事由があるものとして、法人規程で定めるものに該当する場合

授業料の免除

申請要件:下記のいずれかに該当する場合、免除の申請ができます
  • 経済的理由によって納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合
  • 授業料の納付の時期6か月以内(新入学生の第1期においては入学前1年以内)において、学資負担者が死亡又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、授業料の納付が著しく困難であると認められる場合
  • その他、学長が相当と認める事由のあるものとして、法人規程で定めるものに該当する場合
申請時期:授業料免除を希望する場合は,第1期・第2期ごとに申請する必要があります
  • 第1期分(4月から9月までの授業料)の申請時期;4月下旬から5月下旬ごろ
  • 第2期分(10月から3月までの授業料)の申請時期;9月下旬から11月上旬ごろ

申請についての詳しい情報:
本学webサイト⇒教育・学生生活⇒奨学制度・修学支援⇒入学料免除・授業料の免除

各種奨学金

日本学生支援機構奨学金

日本人向けと留学生向けがあります。
日本人向け奨学金は以下のように2種類あり、どちらも貸与が終了すると返還の義務が生じます。 留学生向け奨学金は「学習奨励費」という名称の、給与型の奨学金で返還の義務はありません。

申請についての詳しい情報:

その他の奨学金

以下のような多数の募集があります。また、緊急、災害時に奨学金の必要が生じた場合は随時申し込む事ができます。

私費外国人留学生学習奨励費、電通育英会奨学生、(財)戸田育英財団奨学生、(財)フジクラ育英会奨学生、(財)アイザワ記念育英財団奨学生、(財)中村積善会給費奨学生、(財)帝人奨学会奨学生等

各種貸付制度

本学の大学院生に関連する主な貸付制度には次のようなものがあります。

貸付制度 貸付内容
学生生活支援救援資金 本学の学生で、不慮の事故、送金の遅延、病気などで急な出費を必要とする場合の、救急のつなぎ資金の貸出制度です。
紫峰会緊急貸付金 紫峰会(筑波大学学生後援会)では、事故、災害等で生活資金に不足を生じた場合に資金の貸付を行っています。
留学生後援会一時金貸出事業 筑波大学留学生後援会では、本学の外国人留学生で、特別な事情により当面の生活費を必要とする者、病気、けが等により入院し、緊急に入院費を必要とする者など支援希望者に対し、審査の上、一時金の貸出を行っています。
 

筑波大学システム情報工学研究科/社会システム工学:SSE