平成29年度(AY2017) 社会工学専攻 | 社会工学学位プログラム (科目一覧) | サービス工学学位プログラム (科目一覧)
消費者心理分析
Consumer Psychology
担当教員 上市秀雄(うえいち ひでお)
電子メール ueichi @ sk.tsukuba.ac.jp
研究室 3F1241 
オフィスアワー メールで連絡すること
Webページ http://infoshako.sk.tsukuba.ac.jp/~ueichi/index.html
科目番号 01CN801 単位数 2
分野 MSE:コア(必修)
授業形態 講義 標準履修年次 1,2年次
学期 春AB
曜日・時限 月曜日3,4時限
教室 3C201
学習目標 前半の講義では、心理学の基礎知識を理解したうえで、消費者心理を多角的に分析する。後半の演習では、質問紙の作成、データ解析、およびプレゼンテーションをおこなう。
前提要件 SPSSあるいはRで統計解析ができるように予習しておくこと
授業内容 消費者行動を社会心理学、認知心理学、コミュニケーションおよび意思決定の視点から論じる。
  1. 講義:消費者の個人特性
  2. 意思決定の理論と状況に依存する判断
  3. 消費者の情報探索
  4. 意思決定に影響を及ぼすその他の要因
  5. 実験計画法について
  6. 演習:質問紙調査法について
  7. 質問紙作成
  8. データ収集
  9. データ解析、プレゼンテーション準備
 10. プレゼンテーション
教科書 特になし。ハンドアウトを配布する。
参考文献 杉本徹雄 消費者理解のための心理学 福村出版
竹村和久編 消費者行動の社会心理学 北大路書房
吉川肇子編 健康リスク・コミュニケーションの手引き ナカニシヤ出版
石村貞夫 SPSSによる統計処理の手順 東京図書
成績評価 レポートと出席等によって成績を評価する
授業での
英語使用
講義は日本語で行う。

ページの先頭へ