平成29年度(AY2017) 社会工学専攻 | 社会工学学位プログラム (科目一覧) | サービス工学学位プログラム (科目一覧)
社会基盤計画学
Social Infrastructure Planning
担当教員 岡本 直久 (おかもと なおひさ)
電子メール okamoto[at]sk.tsukuba.ac.jp
研究室 3F1028 
オフィスアワー 事前にmailでアポイントメントをとってください
担当教員 堤 盛人 (つつみ もりと)
電子メール tsutsumi[at]sk.tsukuba.ac.jp
研究室 3F1034 
科目番号 01CN313 単位数 2
分野 MPPS:空間・環境(選択必修)
授業形態 講義 標準履修年次 1,2年次
学期 秋AB
曜日・時限 水曜日1,2時限
教室 3E404
学習目標 社会資本の整備とその管理に関する制度・政策について理解を深める。
前提要件 交通計画、国土・地域計画に関する基礎的な知識
授業内容 国土計画・交通計画・地域計画・都市計画の実現手段としての社会基盤の整備と管理に関する課題について考える。
主な講義項目は以下の通り。

 ・社会基盤とは(国土・地域・都市・交通計画における役割)
 ・我が国の社会基盤整備の歴史
 ・諸関連計画の体系と今後の方向性
 ・社会基盤に関わる最近の話題(維持管理、計画プロセス等)
教科書 講義開始時に必要があれば指示を行う。
参考文献 近畿都市学会編「21世紀の都市像」古今書院
日本経済新聞社「社会資本の未来」「都市の未来」「国土の未来」
下河辺淳「戦後国土計画への証言」日本経済評論社
沢本守幸「公共投資百年の歩み」大成出版社
新谷洋二「土木行政と関連制度(新体系土木工学48)」技法堂
森杉・御巫「社会資本と公共投資(新体系土木工学49)」技法堂
中村英夫「国土調査(新体系土木工学50)」技法堂
高橋裕「日本土木史(新体系土木工学別巻)」技法堂
土木学会編「交通整備制度 改訂版」
都市開発制度比較研究会「諸外国の都市計画・都市開発」ぎょうせい
成績評価 レポートあるいは試験と授業中の議論への参加程度により評価する。
授業での
英語使用
必要に応じて英語で説明する。

ページの先頭へ