平成29年度(AY2017) 社会工学専攻 | 社会工学学位プログラム (科目一覧) | サービス工学学位プログラム (科目一覧)
都市・地域解析学
Urban and Regional Analysis
担当教員 大澤 義明 (おおさわ よしあき)
電子メール osawa@sk.tsukuba.ac.jp
研究室 3F1128 
担当教員 鈴木 勉 (すずき つとむ)
電子メール tsutomu@risk.tsukuba.ac.jp
研究室 総B704 
担当教員
石井 儀光(連携大学院・建築研究所)
科目番号 01CN204 単位数 2
分野 MPPS:資産・資源/空間・環境(選択必修)
授業形態 講義 標準履修年次 1,2年次
学期 秋AB
曜日・時限 金曜日1,2時限
教室 3E404
学習目標 都市・地域解析の基礎知識を習得し,都市や地域の構成要素の配置や密度をモデル化する技法を身に付ける.
前提要件 線形代数,微積分,統計学の数学的基礎知識があれば望ましい.
授業内容 授業はグループワークによるアクティブラーニングの方法に基づいて行う.flipped teachingの考え方を取り入れ,各自参考文献で必要な知識を学修の上で授業に臨むこととする.以下に例示するモデルや理論などを参考にしながら身近な応用例を見つけて,取り上げた問題のメカニズムを解明したり,解決策を導いたりすることを行う.作業は2~3名でグループをつくって進める.
1.都市の数理モデルと研究へのエートス
2.ヴェーバー問題と模型解法
3.1次元都市と2次元格子状都市のヴェーバー問題
4.複数施設のミニサム型配置モデルとミニマックス型配置モデル
5.連絡通路と距離分布の作法
6.奥平のエレベータ断面積モデル
7.人口成長の微分方程式モデル
8.人口動態のコーホート要因法モデル
9.人口分布の経験式
10.道路パターンと距離分布の理論
教科書 栗田治:都市モデル読本,共立出版株式会社,2004.
栗田治:都市と地域の数理モデル―都市解析における数学的方法―,2013.
LARSON, R. C. and ODONI, A. R.: Urban Operations Research, Prentice-Hall, NJ, 1981.
OKABE, A., BOOTS, B., SUGIHARA, K. and CHIU, S. N.: Spatial Tessellations: Concepts and Applications of Voronoi Diagrams, Chichester: John Wiley, 2000.
参考文献 青木義次: 建築計画・都市計画の数学-規模と安全の数理,数理工学社2006.
日本建築学会編: 建築最適化への招待,日本建築学会,2005.
岡部篤行・鈴木敦夫: 最適配置の数理,朝倉書店,1992.
成績評価 出席,講義中での課題への発表及びレポートにて評価する.
授業での
英語使用
必要に応じて英語で講義を行う.

ページの先頭へ