筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。

有田 智一(ARITA Tomokazu)

有田 智一

リサーチユニット 都市・地域の経営とデザイン (代表)
成熟時代の都市構造・地域制度
職名 教授
研究室 3F1029,内線5004
実験室
所属 システム情報系 社会工学域
担当 学群 理工学群 社会工学類
大学院 システム情報工学研究科 社会システム・マネジメント専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会システム工学専攻
大学院 システム情報工学研究科 経営・政策科学専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (社会工学学位プログラム)
専門分野名 産業集積、都市・地域経営・政策、都市計画制度
学位 Ph.D. in Regional Science, University of Pennsylvania, 1996
学歴・職歴 1988年 3月  東京大学工学部建築学科卒業
1990年 3月  東京大学大学院工学系研究科修士課程建築学専攻修了
1996年 5月  米国 University of Pennsylvania 大学院博士課程地域科学専攻修了

1990年4月〜1993年6月  建設省(公営住宅、都市防災、都市再開発)
1993年6月〜2001年4月  建設省建築研究所 (都市計画研究室、建設経済研究室、性能基準研究室)
2001年 4月〜  国土交通省 国土技術政策総合研究所総合技術政策研究センター 評価システム研究室長
2001年12月〜 筑波大学社会工学系講師
2004年 4月〜 筑波大学大学院システム情報工学研究科助教授
(社会システム・マネジメント専攻)
2007年4月〜  筑波大学大学院システム情報工学研究科准教授
(社会システム・マネジメント専攻)
担当授業科目 ■ 第三学群社会工学類
 ・現代都市環境論
 ・都市と環境の経済学
 ・現代まちづくりの理論と実践
 ・都市計画マスタープラン策定演習

■ 大学院システム情報工学研究科経営・政策科学専攻
 ・都市開発プロジェクトマネジメント
 ・都市・地域経営とまちづくり

■ 大学院システム情報工学研究科社会システム工学専攻
 ・都市経済政策
 ・国際交流ワークショップ1,2
所属学会 Regional Science Association International,  応用地域学会、日本建築学会
 日本都市計画学会、都市住宅学会、日本不動産学会
代表的著書・論文 Arita, Tomokazu and McCann, Philip, "Industrial alliances and firm location behaviour: some evidence from the US semiconductor industry Applied Economics, 2000, Vol.32, No.11, pp.1391-1403.

Arita, Tomokazu and McCann, Philip, "The location of technological innovation within the Japanese semiconductor industry in Acs, Z., de Groot, H. and Nijkamp, P., (eds), The Emergence of the Knowledge Economy: A Regional Perspective, 2002, Springer, Berlin, pp.321-344. 

McCann, Philip, Arita, Tomokazu, and Gordon, Ian R., "Industrial clusters, transactions costs and the institutional determinants of MNE location behaviour International Business Review, 2002, Vol.11 pp.647-663. 
 
Tomokazu Arita, Masahisa Fujita and Yoshihiro Kameyama, "Effects of regional cooperation among small and medium-sized firms on their growth in Japanese industrial clusters Review of Urban and Regional Development Studies, Vol.18, No.3, pp209-228.2006

有田智一・岩田司「建築基準法接道義務の但書き規定の運用実態とその問題点」
『日本建築学会計画系論文集』第531号, 2000年5月, pp.187-194
 
大村謙二郎・有田智一, 「分権・規制緩和・民活下の都市開発事業制度の再編」
『日本の都市法?T 構造と展開』, (原田純孝編)、東京大学出版会, 2001年4月
pp275-317

大村謙二郎、有田智一、「需要縮小時代のドイツにおける都市住宅再生:都市改造プログラムを中心に」、『都市住宅学』、2005、Spr.pp40-53.
主な受賞 2004年度 日本建築学会奨励賞受賞
2007年度 都市住宅学会論説賞受賞
その他の活動 ・日本建築学会建築法制委員会市街地環境基準小委員会委員(2001-2005)
・日本建築学会建築基準法・都市計画法特別研究委員会委員(2003〜2005)
・日本建築学会建築法制委員会集団規定の性能規定化問題小委員会委員(2005〜現在)
・日本建築学会建築法制委員会委員(2007〜現在)
・都市住宅学会編集委員会委員(2000-2004)
・都市住宅学会学会賞委員会委員(2002-2004,2007〜現在)
・日本都市計画学会地方分権研究小委員会委員(1996〜2000)
・日本都市計画学会事業委員会委員(2003〜現在)
・日本都市計画学会学術委員会委員(2004〜2007)
・茨城県下館市住宅マスタープラン策定検討調査委員会委(1997)
・国際協力事業団(JICA)派遣専門家第三国研修講師(於インドネシア:1998)
・東京都中野区住宅政策審議会委員(1999〜2001)
・住環境指標検討調査委員会委員((財)ベターリビング)(2000-2002)
・都市計画決定手続きのあり方に関する調査検討委員会委員((財)国土技術研究センター)(2002-2004)
・茨城県まちづくり推進協議会開発許可及び区域指定分科会委員(2001〜2002)
・土浦市都市計画マスタープラン策定委員会委員(2002〜2004、2012〜2014)
・東京都江戸川区都市計画審議会委員(2002〜現在)
・道路環境影響評価の技術手法改定検討委員会 (国土交通省国土技術政策総合研究所)委員  (2005〜現在)
・埼玉県都市計画審議会専門委員(2006年)
・再開発コーディネーター協会試験講習委員会委員(2006年〜現在)
・東京都住宅政策審議会委員(2014〜)
・東京都建築審査会委員(2014〜)
研究概要 産業集積、都市・地域経営・政策、都市計画制度
研究指導の方針 好奇心を持った都市の好きな方お待ちしています

教員一覧へ戻る

戦略アライアンス

入試情報

留学希望の方へ

アクセス

お問い合わせ

copyright & 2013 University of Tsukuba all rights reserved.

筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。