筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。

折原 正訓(ORIHARA Masanori)

職名 助教
研究室
実験室
所属 システム情報系 社会工学域
担当 学群 理工学群 社会工学類
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (社会工学学位プログラム)
専門分野名 コーポレートファイナンス
学位 Ph.D. in Economics (University of Illinois at Urbana-Champaign),2015年12月
学歴・職歴 早稲田大学 商学学術院 助教,2017年4月-2018年2月
財務省 財務総合政策研究所 研究官,2013年4月-2017年3月
担当授業科目 金融リスク管理論(コーポレートファイナンス入門)
計量分析システム演習・後半部分(コーポレートファイナンスの実証分析入門)
信用リスク論(コーポレートファイナンスの実証研究)
所属学会 日本財政学会
代表的著書・論文 ・ “Stock market listing and corporate policy: Evidence from reforms to Japanese corporate law,” Pacific-Basin Finance Journal, 2017, 43: 15-36
・“Board independence and a shareholder’s commitment,” Economics Bulletin, 2017, 37(2): 846-852
・“Taxation, bank leverage, and financial crises,” (Ruud de Mooij, Michael Keenと共著) in Ruud de Mooij and Gaëtan Nicodème (eds.) Taxation and Regulation of the Financial Sector, MIT Press, 2014, 229-252
・「2008年金融危機における上場企業と非上場企業の設備投資」浅子和美編『フィナンシャル・レビュー』130号,49-58頁,2017 年3月,財務総合政策研究所
主な受賞 日本財政学会奨励賞,2016年10月
その他の活動
研究概要 コーポレートファイナンス分野の様々なテーマについて,企業の財務データを用いて研究しています。特に,税制や法制度などの公共政策とコーポレートファイナンスとの関連に関心を持っています。
研究指導の方針 コーポレートファイナンス分野の研究テーマの指導を行います。

教員一覧へ戻る

戦略アライアンス

入試情報

留学希望の方へ

アクセス

お問い合わせ

copyright & 2013 University of Tsukuba all rights reserved.

筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。