筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。

秋山 英三(AKIYAMA Eizo)

秋山 英三

リサーチユニット 経済実験・社会シミュレーション (代表)
成熟時代の都市構造・地域制度
職名 教授
研究室 3F1027 TEL 029-853-5550 FAX(共用) 029-853-5070
実験室 3F515 TEL 029-853-5571
所属 システム情報系 社会工学域
担当 学群 理工学群 社会工学類
大学院 システム情報工学研究科 社会システム・マネジメント専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会システム工学専攻
大学院 システム情報工学研究科 経営・政策科学専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (社会工学学位プログラム)
専門分野名 進化ゲーム論
コンピュータ・シミュレーションと複雑系
被験者実験
学位 博士 (学術)(東京大学)1998年3月
学歴・職歴 履歴:
1988年4月 東京大学教養学部理科二類 入学
1991年4月 東京大学教養学部基礎科学科第一 進学
1993年3月      同上 卒業
1993年4月 東京大学大学院理学系研究科相関理化学専攻修士課程 入学
1995年3月 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻修士課程 修了
1995年4月 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士課程 入学
1998年3月      同上 修了

職歴:
1997年4月 1日〜1999年 3月31日 日本学術振興会特別研究員
1999年5月 1日〜2000年 8月31日 慶應義塾大学理工学部 未来開拓学術研究プロジェクト助手(有期・未来開拓学術研究推進事業)
2000年9月 1日〜2001年 8月15日 米国サンタフェ研究所 ポスドク研究員
2001年8月16日〜2004年 3月31日 筑波大学社会工学系講師
2004年4月 1日〜2005年 7月31日 筑波大学大学院システム情報工学研究科 講師
2005年8月 1日〜2010年12月31日 筑波大学大学院システム情報工学研究科 助教授、准教授
2011年1月 1日〜現在 筑波大学大学院システム情報工学研究科 教授
担当授業科目 学類:社会工学実習、プログラミング実習、進化ゲーム理論
社会システム工学専攻:応用ゲーム理論
所属学会 日本物理学会
日本経済学会
情報処理学会
代表的著書・論文 ●秋山英三,``ゲームと時間,'' 臨時別冊・数理科学 2005年12月号 SGCライブラリ-44「ゲーム理論のフロンティア」(松田裕之・池上高志 共編著), サイエンス社 東京, 2005年12月号, 66-75 (2005).
●秋山英三, ``『社会的ジレンマ』をゲーム理論で解く,'' 「ゲーム理論で解く」-(中山幹夫・武藤滋夫・船木由喜彦 編) 第11章担当, 有斐閣, 159-175 (2000).
●Suzuki, S. and Akiyama, E., ``Reputation and the Evolution of Cooperation in Sizable Groups'', Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences 272, 1373-1377 (2005).
●Akiyama, E. and Kaneko, K. ``Dynamical systems game theory II -- A new approach to the problem of the social dilemma --'', Physica D 167, Issues 1-2, 36-71 (2002).
●Sato, Y., Akiyama, E., and Farmer, JD, ``Chaos in learning a simple two-person game,'' Proceedings of the National Academy of Sciences USA 99, 4748-4751 (2002).
研究概要 1. エージェントシミュレーション
評判付きジレンマゲーム(with Suzuki)、少数派ゲーム、市場のゼロ知識モデル(with Kimura)、友人ネットワークの形成 (with Sugisaki)、三人ゲームにおけるコミュニケーションコードの進化
2. 進化ゲーム理論
協力行動の進化、相互学習のダイナミクス、2x2ゲームの分類と進化的現象
3. 力学系ゲーム
動的環境における資源管理ルールの発展、ジレンマ状況における協力ルールの発展
4. 被験者を使ったゲーム・経済実験
端末室でのネットワークゲーム

研究指導の方針 基本的に:
1. エージェントシミュレーション
2. 被験者行動実験
のどれか( or 両方)に興味がある人が僕の研究室の対象になると思います。

シミュレーションの場合、現時点で、計算機やプログラミングに熟達している必要はありませんが、計算機の画面を見ると気分がブルーになるような人はあまり向いていないと思います。


教員一覧へ戻る

戦略アライアンス

入試情報

留学希望の方へ

アクセス

お問い合わせ

copyright & 2013 University of Tsukuba all rights reserved.

筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。