筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。

牛島 光一(USHIJIMA Koichi)

Not Shown

リサーチユニット 成熟時代の都市構造・地域制度
職名 助教
研究室 3F1233 (5556)
実験室
所属 システム情報系 社会工学域
担当 学群 理工学群 社会工学類
システム情報系 社会工学域
大学院 システム情報工学研究科 社会システム・マネジメント専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会システム工学専攻
大学院 システム情報工学研究科 経営・政策科学専攻
大学院 システム情報工学研究科 リスク工学専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (社会工学学位プログラム)
専門分野名 都市経済学、健康の経済学、教育の経済学
学位 博士 (社会経済)
筑波大学、2010年
学歴・職歴 【学歴】
2006年3月 筑波大学大学院経営・政策科学研究科修了
2010年3月 筑波大学大学院システム情報工学研究科社会システム・マネジメント専攻修了

【職歴】
2008年4月〜2010年3月 日本学術振興会特別研究員(DC2)(筑波大学)
2010年4月    筑波大学博士特別研究員
2010年5月〜2011年3月 日本大学人口研究所 PD研究員
2011年4月〜2013年3月 日本学術振興会特別研究員(PD)(東京大学)
2013年4月より現職 筑波大学 システム情報系 社会工学域 助教
担当授業科目 統計2、地域科学演習、公共政策論
代表的著書・論文 1) The Impact of a High-speed Railway on Residential Land Prices (with Hiroshi Kanasugi), Papers in Regional Science, DOI: 10.1111/pirs.12293. forthcoming
2) 東京オリンピック・パラリンピックの開催決定で住宅地地価は上昇するか?(香川涼亮、小倉利仁、太田充との共著), 『都市住宅学』97号, 2017年. 近刊
3) 大気環境が地価に与える影響―東京都特別区の地価データを用いた検証―(姜哲敏、太田充との共著), 『応用地域学研究』 No.20, pp.67-77, 2016.
4) 小学校における学校の質は地価に影響するか?−東京都特別区の地価データを用いた検証(吉田あつしとの共著),応用地域学研究,No.14,2009,pp.37-47.
5) School Choice and Student Sorting: Evidence from Adachi Ward in Japan (with Kogure Kastuo, Atsushi Yoshida), The Japanese Economic Review, 60(4), 2009, pp.446-472.
6) 学校の質と地価−足立区の地価データを用いた検証(吉田あつし,張璐との共著),住宅土地経済, 第68号, 2008, pp.10-18.
主な受賞 大阪大学社会経済研究所 森口賞 入選(2009)
第7回応用計量経済学コンファレンス 優秀論文賞(2012)
研究概要 マイクロデータを用いて子供の人的資本への投資に関する実証研究(居住地選択、健康投資、教育投資)をしています。
研究指導の方針 (基本的には)マイクロデータを用いた実証研究を行います。
自ら研究テーマを設定し、データを収集できる方を歓迎します。
初めから統計ソフトを使いこなせる必要はありません。

教員一覧へ戻る

戦略アライアンス

入試情報

留学希望の方へ

アクセス

お問い合わせ

copyright & 2013 University of Tsukuba all rights reserved.

筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。