社会工学学位プログラムとサービス工学学位プログラムは、社会課題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。

木下 陽平(KINOSHITA Yohei)

Not Shown

職名 助教
研究室 総合研究棟B0804 (5016)
実験室
所属 システム情報系 社会工学域
担当 学群 理工学群 社会工学類
大学院 システム情報工学研究科 リスク工学専攻
専門分野名 測地学、気象学、リモートセンシング
学位 博士(理学)、北海道大学、2014年
学歴・職歴
担当授業科目 微積分2、リスク工学専攻特別演習1, 2、都市環境評価論
所属学会 日本測地学会
日本気象学会
日本地球惑星科学連合
日本リモートセンシング学会
American Geophysical Union
Asia Oceania Geoscience Society
代表的著書・論文 Y. Kinoshita, T. Hobiger, M. Furuya, R. Ichikawa, Are numerical weather model outputs helpful to reduce tropospheric delay signals in InSAR data?, J. Geodesy, 87(3), 267-277, doi:10.1007/s00190-012-0596-x, 2013.
Y. Kinoshita, M. Shimada, M. Furuya, InSAR observation and numerical modeling of the water vapor signal during a heavy rain: A case study of the 2008 Seino event, central Japan, Geophys. Res. Lett., doi:10.1002/grl.50891, 2013, 40(17), 4740-4744.
Y. Kinoshita, Y. Morishita, Y. Hirabayashi, Detections and simulations of tropospheric water vapor fluctuations due to trapped lee waves by ALOS-2/PALSAR-2 ScanSAR Interferometry, Earth, Planets and Space, 69(104), 2017.
Y. Kinoshita, M. Tanoue, S. Watanabe, Y. Hirabayashi, Quantifying the effect of autonomous adaptation to global river flood projection: Applications to future flood risk assessments, Environmental Research Letters, 13, 2018.
主な受賞
その他の活動 日本地球惑星科学連合大会 SARセッションコンビーナー(2017年〜)
日本リモートセンシング学会 JpGU小委員会(2018年〜)
研究概要 合成開口レーダー干渉法(InSAR)による気象情報の抽出及び気象学的応用。またInSAR地殻変動観測の高精度化研究。MaaS利用のための研究。
研究指導の方針

教員一覧へ戻る

戦略アライアンス

入試情報

留学希望の方へ

アクセス

お問い合わせ

copyright & 2013- University of Tsukuba all rights reserved.

社会工学学位プログラムとサービス工学学位プログラムは、社会課題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。