筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。

岡田 幸彦( OKADA Yukihiko)

 岡田 幸彦

リサーチユニット スポーツ環境デザイン
サービス組織の経営学
職名 准教授
研究室 3F1031 (5090)
実験室 3F616および3F615 (5575)
所属 システム情報系 社会工学域
担当 学群 理工学群 社会工学類
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (社会工学学位プログラム)
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (サービス工学学位プログラム)
大学院 人間総合科学研究科 スポーツウエルネス学位プログラム
専門分野名 会計学、サービス工学、社会工学
学位 博士(商学) (2006/03 一橋大学)
学歴・職歴 <学歴>
1978/8 東京都世田谷区生まれ(本籍地:福岡県北九州市門司区)
1997/3 山口県立徳山高等学校理数科卒業
2001/3 横浜国立大学経営学部会計・情報学科(中村博之ゼミ)卒業
2003/3 横浜国立大学大学院国際社会科学研究科会計・経営システム専攻(中村博之ゼミ)博士前期課程修了
2006/3 一橋大学大学院商学研究科経営・会計専攻(尾畑裕ゼミ)博士課程修了

<職歴>
2006/4-2006/10 一橋大学大学院商学研究科 講師(ジュニアフェロー)
2006/11-2010/10 筑波大学大学院システム情報工学研究科 講師
2010/5-  統計数理研究所 客員准教授
2010/11-2011/9 筑波大学大学院システム情報工学研究科 准教授
2011/10-  筑波大学システム情報系 准教授
2015/1- 筑波大学サービス工学ビッグデータCoE コーディネーター
2015/4- 公益財団法人清国奨学会 非常勤理事(無報酬、2016年4月より公益認定)
2016/6- 水戸信用金庫 非常勤理事
京都大学経営管理大学院などで非常勤講師
担当授業科目 <2016年度学類>
社会工学実習(春学期AB、1年生必修、金456)
社工英語(春学期AB、2年生必修、水3)
会計学概論(秋学期AB、1~2年生選択必修、金34)
マネジメント実習(秋学期AB、3年生マネジメントエリア必修、木456)

<2016年度大学院>
サービス会計(春学期C、サービス工学学プロ必修、水金34)
ビジネス戦略:理論と実践(秋学期AB、社会工学学プロ、水56)
課題解決型データ分析論特講1(春学期C、スポーツウエルネス学プロ必修、火78@東京)
課題解決型データ分析論特講2(秋学期A、スポーツウエルネス学プロ必修、火78@東京)
所属学会 日本会計研究学会、サービス学会、インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブなど
代表的著書・論文 主な著書:
1.伊藤嘉博(編著)・岡田幸彦・南知恵子・山本浩二・清水孝・庵谷治男・長谷川恵一・小林啓孝・加藤典生・目時壮浩・平野光俊(2016)『サービス・リエンジニアリング―顧客の感動を呼ぶホスピタリティを低コストで実現する』中央経済社。
2.高木英明(編著)・菱沼千明・関谷和之・繁野麻衣子・池上敦子・増田靖・イリチュ美佳・鈴木秀男・岡田幸彦・倉田久・生稲史彦(2014)『サービスサイエンスことはじめ: 数理モデルとデータ分析によるイノベーション』筑波大学出版会。
3.中村博之(編著)・高橋賢(編著)・望月信幸・堺昌彦・君島美葵子・諸藤裕美・小川哲彦・金藤正直・木村麻子・岡田幸彦(2013)『管理会計の変革—情報ニーズの拡張による理論と実務の発展』中央経済社。
4.山本浩二(編著)・岡田幸彦・小沢浩・片岡洋人・窪田祐一・中村博之・西居豪・籏本智之・挽文子・藤野雅史(2010)『原価計算の導入と発展』森山書店。

ここ3年の主な論文:
1.大江秋津・岩井良和・岡田幸彦(2015)「新興企業における実態に即したビジネスプランと黒字化との関係の実証研究」『組織科学』。
2.岡田幸彦・中村亮介・大雄智(2015)「ビジネスモデルと会計処理」『會計』。
3.Okada and Inamizu (2014) Effect of job type on perspective index: A case of Mito Shinkin Bank, Annals of Business Administrative Science.
4.荒井耕・尻無濱芳崇・岡田幸彦(2014)「医療法人における責任センター別損益業績管理による財務業績改善に関する検証」『会計プログレス』。
5.岡田幸彦・堀智博(2014)「サービス原価企画の実態分析」『會計』。
主な受賞 2015年度筑波大学SS評価教員、Best Faculty Member
2013年度メルコ学術学術振興財団出版助成(日本会計研究学会スタディグループ)
2010年度筑波大学大学院システム情報工学研究科奨励教員
2010年度日本会計研究学会学会賞(岡田幸彦(2010)「サービス原価企画への役割期待」『會計』)
2009年度産業経理協会出版助成(日本会計研究学会第3回課題研究委員会)
2007年度筑波大学大学院システム情報工学研究科教育貢献賞
その他の活動 2016- 常総市復興計画策定委員会 事務局
2015- 常総市復興ビジョン懇話会 事務局
2015- インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI) 発起人、学術会員
2015- 筑波大学サービス工学ビッグデータCoE コーディネーター
2014- 土浦第一高等学校スーパーグローバルハイスクール 筑波大学代表
2012- サービス学会 発起人
2009- 財団法人産業経理協会「原価会計講座」 講師(「サービスにおける原価計算・原価管理」担当)
研究概要  日本の新たな国際競争力として、サービス原価企画(Service Target Costing)の可能性を探っています。また、企業・自治体と共同した実証実験、企業・自治体が保有する多様なビッグデータの解析、モデル化、シミュレーションなども行っています。筑波大学発・会計学発の革新的サービス採算管理モデルが完成することを、ご期待ください!
研究指導の方針 ●会計工学研究室(3F616&615)
<特徴>鉄の結束?
 25人以上の超大所帯(博士3人、修士16人、4年6人、研究生2人、秘書1人)。
 企業・自治体との共同教育研究が中心。支えてくださる方々に感謝です。
 研究指導は、がち本気です。気をつけて。

<研究理念>私たちの時代は、私たちが創る!
 1.Domain:サービス×会計学×工学、という新たな知のフロンティアを開拓します。
 2.Belief:新規性(What's New?)と人類への貢献度(So What?)を追求します。
 3.Boundary:創造的・挑戦的な失敗であれば、大いに許容します。

<教育理念>次世代型サービス・イノベーターの育成
 1.お金の話ができる、理系のサービス・イノベーターを育成します。
 2.心で指導し、心を育てます。
 3.日本語(コトバ)を大切にします。

<定義>
 勉強:誰かが明らかにしたことを、知ること
 評論:それを批評すること
 教育:それを伝えること
 研究:誰も知らないことを、明らかにすること

<筑波大学大学院への留学希望のみなさまへ>
 現在募集していません。

<会計工学研究室を希望する日本のみなさまへ>
 勉強ではなく、私とともに研究したい方を、待っています!世界には、母国語を話し、かつ日本語能力検定N1とTOEIC860点以上、そして専門知識を持った優秀でハングリーな学生が沢山います。負けるな!

教員一覧へ戻る

戦略アライアンス

入試情報

留学希望の方へ

アクセス

お問い合わせ

copyright & 2013 University of Tsukuba all rights reserved.

筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。