筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。

繁野 麻衣子(SHIGENO Maiko)

繁野 麻衣子

リサーチユニット 価値創造 (代表)
サービス資源の最適配分
成熟時代の都市構造・地域制度
医療サービス科学
職名 教授
研究室 3F1112, 内線5232
実験室 3E410, 内線5395
所属 システム情報系 社会工学域
担当 学群 理工学群 社会工学類
大学院 システム情報工学研究科 社会システム・マネジメント専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会システム工学専攻
大学院 システム情報工学研究科 経営・政策科学専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (社会工学学位プログラム)
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (サービス工学学位プログラム)
専門分野名 数理計画,組合せ最適化,アルゴリズム論
学位 博士(理学),東京工業大学,1996年
学歴・職歴 学歴
1991年3月 東京理科大学工学部経営工学科卒業
1993年3月 東京理科大学大学院工学研究科修士課程経営工学専攻修了
1995年6月 東京工業大学大学院理工学研究科博士後期課程情報科学専攻中退

職歴
1995年7月 東京工業大学大学院情報理工学研究科 助手
1997年4月 筑波大学社会工学系 講師
2004年4月 筑波大学大学院システム情報工学研究科 助教授
担当授業科目 社会工学類:数理最適化法,数理工学モデル化実習,計算機科学
社会工学専攻:離散数理,応用最適化
所属学会 日本オペレーションズリサーチ学会,日本応用数理学会,スケジューリング学会
代表的著書・論文 Maiko SHIGENO, "Maximum flows with concave gains, " Mathematical Programming 107 (2006) 439-459
Satoru IWATA, S. Thomas McCORMICK and Maiko SHIGENO, "A strongly polynomial cut canceling algorithm for the submodular flow problem SIAM Journal on Discrete Mathematics 19 (2005) 304-320.
Maiko SHIGENO, Satoru IWATA and S. Thomas McCORMICK, "Relaxed most negative cycle and most positive cut canceling algorithms for minimum cost flow Mathematics of Operations Research 25 (2000) 76-104.
研究概要 組合せ最適化問題に対するアルゴリズムの開発,特にネットワーク構造をもつ問題に対する効率のよい(多項式時間の)アルゴリズム開発を行う.最近は応用にも興味をもち,実社会で使われる問題にも挑戦中.
研究指導の方針 研究の道を切り開くための道具の準備はお手伝いしますが,研究のレールは敷きません.この分野に少しでも興味があり意気込みがあれば,一緒に研究を楽しみましょう.

教員一覧へ戻る

戦略アライアンス

入試情報

留学希望の方へ

アクセス

お問い合わせ

copyright & 2013 University of Tsukuba all rights reserved.

筑波大学大学院・社会工学専攻は、社会問題を解決し次代を切り拓く、新たな理系人材の育成を目指します。