筑波大学システム情報工学研究科/経営・政策科学専攻 : MBA-MPP

修士論文に基づく公刊論文

(*は、審査制度のある掲載誌であることを示す。)

本専攻では、今まで多くの学生が教員の指導のもとに学会でも高く評価される論文を書いてきました。
以下に最近公刊したものを挙げていますが、これらの修士論文の中には、その後加筆の上、国際的にも高く評価される学術雑誌に掲載されて注目を集めたものが少なくありません。 新しく始めた特定課題研究からも多くの公刊論文が生まれることを期待します。

修了生(修了年), 論文タイトル, 掲載誌(書)名, 巻又は号, 発行年

蔡文静, 金夕雯, 萱野聡, 李灌竹, 譚成鵬, 韋慶娜(2011), GPS配車管理システムデータによるタクシー顧客利用分析事例, 2012年日本オペレーションズリサーチ学会 春季研究発表会アブストラクト集, 2012

竹田英司(2006), 草履産業集積地の存続と衰退の要因に関する実証研究,日本中小企業学会論集*, 31, 2012

竹田英司(2006), 産地型中小企業集積地の存続要因に関する実証研究:日用消費財(和履き)産業を事例として, 産業学会研究年報*, 26, 2011

稲川卓治(2009), 電子回路製造業におけるオープン化する製品開発プロセスの特徴経営情報学会, 全国研究発表大会要旨集, 2010s, 2010

M. タレク(2008), Mapping a Psychological Process Underlying the Causal Link from Locus of Control to Intrinsic Job Satisfaction : A Mediating Role of Perceived Work Environment, 経営行動科学*, 23(1), 2010

M. タレク(2008), Locus of Control and Intrinsic Job Satisfaction : The Mediating Role of Creative Work Environment, Association for Psychological Science Proceedings*,2009

侯哲(2004), New Bounds on the Minimum Number of Calls in Failure-Tolerant Gossiping, Networks*, 53, 2009

山口忠志(2008), 公立小学校の適性規模化の動きに対する市民意識, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2008

山口忠志(2008), 農地・森林の持続的利用にむけた「新たな公」になりうる潜在的主体の傾向抽出と計画的な維持管理・運営への参画にむけての課題の整理, (財)国土計画協会「人と国土」, 33(6), 2008

リュウ イン(2007), Relative Prices and Wages in China: Evidence from a Panel of Provincial Data, Journal of Economic Integration*, 23(1), 2008

崔瑛(2006), 自治体の類型化からみる地域ブランド関連施策の特徴に関する研究, 土木計画学研究・論文集*, 25(2), 2008

寺田憲治(2006), 農地が有する食料安全保障機能の経済評価, 農業土木学会論文集*, no.246, 2006

寺田憲治(2006), 棚田オーナー制度の持続性に関する要因分析, 農村計画論文集*, vol.7, 2005

鎌形俊幸(2006),サービスのイノベーション・アーキテクチャ戦略策定・管理手法に関する考察,経営情報学会 秋季全国研究発表大会予稿集,2006

鎌形俊幸(2006),イノベーション・アーキテクチャによるeMPの分析,経営情報学会 秋季全国研究発表大会予稿集,2006

飯島健吾,藤嶋浩輝,Rokshana Parveen,周(2005),つくばエクスプレス開通が沿線住民のつくば市小売業への購買行動に及ぼす影響:サービス品質要素の有効性に関する検証,品質, 37(2), pp.80-92, 2007.*

横田理宇(2005), Attributive Change in Top Management Teams as a Driver of Strategic Change, Asia Pacific Journal of Management*, 25(2), pp.297-315, 2008

上平安紘(2005), Stimulating Customer Response to Promotions: the Case of Mobile Phone Coupons, Journal of Targeting, Measurement and Analysisfor Marketing*, 17(1), pp.57-67, 2007

上平安紘(2005),Direct Mail Promotion Effects on the Responses of Beauty Salon Customers: Mobile DM Coupons vs. Postcards, Proceedings of the 5th Annual Hawaii International Conference on Business, 2005

侯哲(2004), New bounds on the minimum calls of failure-tolerant gossiping, 2005年日本オペレーションズリサーチ学会 春季研究発表会アブストラクト集, 2005

森川はるみ(2004),地方自治体における評価の波及と生成過程の分析,日本評価研究*,6(1),2006

太田耕司(2004),新規ブランド参入に焦点をあてたダイナミック多項プロビットモデルに関するシミュレーション研究,Proceedings of the International Symposium on The Art of Statistical Metaware,№21,2005

磯崎肇(2003),統計的生命価値と規制政策評価,日本評価研究*,4(1),2004

川端康之(2003),カテゴリー選択を考慮した潜在クラス混合モデルによるセグメンテーション,2004年日本オペレーションズ・リサーチ学会,春季研究発表会,2004

伊勢恒寿(2002)・米沢宏一(2002),Stochastic Analysis of Number of Corporations in a Market Derived from Strategic Policies of Individual Corporations for Market Entry and Retreat,Journal of the Operations Research Society of Japan*,49(1),2006

伊勢恒寿(2002),リアル・オプション・アプローチに基くプロジェクト最適投資戦略の構造解析,ジャレフ・ジャーナル*2006,2006

鈴木信一(2002),季節性データの予測に関してどのようにニューラルネットワークを選択すべきか?Proceedings of the International Conference on Computing, Communications and Control Technologies*,2004

柏瀬博幸(2002),大規模ロバスト生産方式と超高速シミュレーション,スケジューリング・シンポジウム2002 講演論文集,2002

武田泰明(2002),ECR: A "Fresh" Look from Japan,ECR Journal*,2(2),2002

上田真(2001),インターネットを用いたビジネスモデル特許の一分類法,経営情報学会誌*,10(3),2001

佐野夏樹(2001),工程に自己相関がある場合の分散モニタリング管理図―ブートストラップを用いて,品質*,32(3),2002

リタ アラウス(2001),ISO 9000 Performance in Japanese Industries, Total Quality Management and Business Excellence*,15(1),2004

鄭謙(2000),売り呼び値と買い呼び値の乖離の計測に対するKalman Filterによるアプローチ,多目的統計データバンク年報,76,2000 古幡征史(1999),A Study on the DRAM Market Using Wavelet Analysis,日本経営工学会論文誌*,52(5),2001

丸山展弘(1999),利潤率格差の持続性は持続するか?―企業時系列データによる分析,通産ジャーナル,April,1999

松戸利一(1999),通勤行動と施設配置―千葉市を事例に―,1999年日本オペレーションズ・リサーチ学会 春季研究発表会アブストラクト集,1999

安藤靖雄(1999),ネットワーク経済性と地域経済に関する実証研究:道路交通網と工業生産性を中心に,日本都市計画学会学術研究論文集*,34,1999

小野正雄(1999),東京大都市圏の効用分布の推計と住居選択モデルの応用可能性に関する研究,地域学研究*, 29(3),1998

高林真一郎(1998),在日外資本企業の進出形態と実績,組織化学*,32,1999

杉野真一郎(1998),集積の経済・不経済と地方公共財の地域間最適配分に関する実証研究,日本都市計画学会学術研究論文集*,33,1998

生安衛(1998),市町村歳出構造と最適規模に関する研究,日本都市計画学会学術研究論文*,33,1998

藤田大輔(1998),Modeling the Profiles of Japanese Independent Voters in the Early 1996,Behaviormetrika*,25,1998

宮崎正樹(1997),わが国銀行業における規模と範囲の経済性の計測,ファイナンス研究,26,1999

加藤祐子(1997),バイオテクノロジー関連産業における産学共同研究,ビジネスレビュー,45(3),1998

佐藤昭(1997),地方分権と事業税の外形標準化,自治総研*,24,1998

河野修巳(1997),国債の価格変動とマコーレイのデュレーション,現代ファイナンス*,2,1997

横谷好(1996),Non-excludable Public Good Experiments,Games and Economic Behavior*,49(1),1996

久保直人(1996),Target Costing Performance Based on Alternative Participation and Evaluation Methods: A Laboratory Experiment,Managerial and Decision Economics*,18,1997

川脇康生(1996),The Influence of the Great Hanshin-Awaji Earthquake on Housing Market of the Area,Review of Urban and Regional Development Studies*,8,1996

金洪達(1996),Human Capital, Imported Technology, and Economic Growth: A Comparative Study of Korea and Japan,Financial Interdependence of the East Asian Economies*,E-1,1996

絹川真哉(1995),The Contributions and Channels of Inter-Industry R&D Spillovers: An Estimation for Japanese High-Tech Industries,Economic Systems Research*,9,1997

児玉研(1995),Has Livability of Japan Gotten Better for 1956-1990?: A DEA Approach,Social Indicators Research*,40,1997

本庄裕司(1995),新規企業の市場参入―工業統計表による計量分析,通産研究レビュー,6,1996

井上泰弘(1995),WTO設立に至るGATT農業交渉の分析,政策科学研究,2,1995

高田秀典(1995),広域行政の効果測定,政策科学研究,2,1995

邱瓊慧(1995),台湾における地方行・財政の効率化,政策科学研究,2,1995

W.F.Hフェルナンド(1995),リスクのもとでの事業ポートフォリオ戦略,JICPAジャーナル,7,1995

田少強(1995),中国における動機づけ―衛生理論の実証研究,経営行動科学,10,1995

竹治恭彦(1994),Asset Price Prediction Using Seasonal Decomposition,Financial Engineering and the Japanese Markets*,1,1994

施建明(1993),A Parametric Algorithm for the Minimum Norm Point Problem under a Linear Constraint and Its Application to Portfolio Optimization,Asia-Pacific Journal of Operational Research*,14,1997

安田英土(1993),The Determinants of Overseas R&D by Japanese Firms: An Empirical Study at the Industry and Company Levels,Research Policy*,25,1996

安井宏(1993),分散型オフィスとオフィス勤務者の意識に関する研究,日本都市情報学会学会誌,6,1994

鈴木ユミ子(1992),プロトタイプを用いる情報システム分析の定式化と分析支援システムの実現,経営情報学会誌,2 (2), 47 - 68, 1993.*

ページのTOPヘ戻る

 

筑波大学システム情報工学研究科/経営・政策科学専攻 : MBA-MPP