筑波大学システム情報工学研究科/経営・政策科学専攻 : MBA-MPP

教員・研究

Not Shown

職名 教授
研究室 3F1111(029-853-5005)
実験室 3F617(029-853-5577)
所属 システム情報系 社会工学域
担当 学群 理工学群 社会工学類
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (社会工学学位プログラム)
大学院 生命環境科学研究科 環境科学専攻
大学院 生命環境科学研究科 持続環境学専攻
専門分野名 環境リモートセンシング
環境影響評価
資源管理論
学位 農学博士(東京大学、1989年)
リサーチユニット 生態系サービス研究 (代表)
担当授業科目 学類
 都市計画実習、都市環境評価論、都市計画情報実習
生命環境科学研究科環境科学専攻
 環境空間情報工学、環境科学実習
所属学会 写真測量学会、日本リモートセンシング学会、農業土木学会、Remote Sensing Society会員、Asian Association of Remote Sensing会員、Paddy and Water Environmental Engineering Society会員
代表的著書・論文 1) Yoshino, K., Nagano, T., Ishida, T., Suzuki, S.(2002): Classification of Vegetation in Tropical Peat Swamp Area by Remote Sensing in Narathiwat of the Southern Part of Thailand; Building an Ecological Environmental GIS Database for Monitoring Carbon Balance, Rural and Environmental Engineering, No.42, pp.15-25
2) Yoshino, K., Ishida, T., Nagano, T., Ishioka, Y., SIRICHUAYCHOO, W.(2002), Distribution of Peat Depth in Tropical Peat Swamp Area in Narathiwat of the southern part of Thailand; Building an Ecological Environmental GIS Database for monitoring Carbon balance, Rural and Environmental Engineering,No.43,pp.13-22,2002
3) YOSHINO, K., ISHIKAWA, M., SETIAWAN,B.I.(2003), Socio-economic causes of recent environmental changes in Cidanau watershed, West Java, Indonesia: -Effects of Economic crises of Southeast Asia in 1997-1998 on regional environment-、Rural and Environmental Engineering, No.44,pp.27-41, 2003.8
4) Yoshino, K., Kushida,K.,Ishioka,Y.(2004): Differences in plant canopy bi-directional reflectance factors among rice varieties, Paddy and Water Environment,Vol.2,No.3,pp.153-162
5) Yoshino, K., Ishioka,Y.(2005), Guidelines for soil conservation towards integrated basin management for sustainable development: A new approach based on the assessment of soil loss risk using remote sensing and GIS, PWE, Vol.3, No.4, pp.235-247
主な受賞 1)  2005 Recipient of PAWEES Paper Award(Taipei)PAWEES Paper Award
“Differences in plant canopy bi-directional reflectance factors among rice varieties”, Kunihiko Yoshino, Keiji Kushida, Yoshinori Ishioka
2)  2006 Recipient of PAWEES Paper Award(Utsunomiya, JAPAN)PAWEES Paper Award and Sato Prize
“Guidelines for soil conservation based on the assessment of soil loss risks using remote sensing and GIS in Cidanau watershed of the western Java, Indonesia”, Yoshino, K., Ishioka,Y.
研究概要 地域環境保全のための施策を提案するには、第一に、地域環境のモニタリングにより環境の変化を捉え、環境変化のメカニズムの的確な理解に基づく環境変化のモデル化、そして、そのモデルによる正確な環境予測が求められる。第二に、予測された環境変化や環境への影響を多様な尺度により、自然環境と人類にとって、許容可能な変化か、容認すべきでない変化かを総合的に評価する必要がある。環境を総合的に評価した後に、適切な地域環境保全施策を提言する。
研究指導の方針 ・考えて考えて、よく考え抜く習慣を身に付けて欲しい。
・より根本の問題を研究テーマにして欲しい。
・よく遊び、よく学ぶ。遊戯三昧。

 

 

筑波大学システム情報工学研究科/経営・政策科学専攻 : MBA-MPP