筑波大学システム情報工学研究科/経営・政策科学専攻 : MBA-MPP

教員・研究

Not Shown

職名 准教授
研究室 3F1105
実験室 3C306
所属 システム情報系 社会工学域
担当 学群 理工学群 社会工学類
大学院 システム情報工学研究科 社会システム・マネジメント専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会システム工学専攻
大学院 システム情報工学研究科 経営・政策科学専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (社会工学学位プログラム)
専門分野名 ゲーム理論、産業組織論(理論、実証)、実験経済学
学位 PhD in Economics (SUNY Stony Brook) 2003
学歴・職歴 職歴:
京都大学大学院経済学研究科、経済研究所COE研究員 2004.1-2005.3
一橋大学大学院経済学研究科 講師 2005.4 - 2006.3
筑波大学大学院システム情報工学研究科 講師 2006.4 - 2010.1
筑波大学大学院システム情報工学研究科 准教授 2010.1- 2011.9
筑波大学システム情報系 准教授 2011.10 - present
リサーチユニット 経済実験・社会シミュレーション
担当授業科目 学類:社会工学実習、ミクロ経済学、社会工学における戦略的思考、(past: artisocによる人工社会入門、情報リテラシー演習、統計学II、プログラミング実習、総合演習(社会システム分析))

大学院:ゲーム理論、(past: 応用ゲーム理論、ミクロエコノミックス、社会経済演習、情報科学演習)
所属学会 日本経済学会, 公共選択学会,Economic Science Association, Econometric Society,
代表的著書・論文 (1) A Methodological Note on a Weighted Voting Experiment, Social Choice and Welfare 43, 827-850, 2014, co-authored with Eric Guerci (Nice), Nobuyuki Hanaki (Aix-Marseille), Gabriele Esposito (European Commission), and Xiaoyan Lu (Janssen Pharmaceutica)

(2) Coalition Formation in a Weighted Voting Experiment, Japanese Journal of Electoral Studies 30-1, 56-67, 2014

(3) An Experimental Study of Bidding Behavior in Procurement Auctions with Subcontract Bids: Profits, Efficiency, and Policy Implications, Proceedings of SICE, IEEE Xplore, 1202-1207, 2011, co-authored with Jun Nakabayashi (Tsukuba)

(4) Bargaining Outcomes in Patent Licensing: Asymptotic Results in a General Coulnot Market, Mathematical Social Sciences 61, 114-123, 2011, co-authored with Shin Kishimoto (Tokyo Tech) and Shigeo Muto (Tokyo Tech)

(5) Quality Adjusted Prices of Japanese Mobile Phone Handsets and Carriers’ Strategies, Review of Industrial Organization 36, 391-412, 2010, co-authored with Ryo Nakajima (Yokohama National Univ) and Takanori Ida (Kyoto)

(6) Stable Profit Sharing in Patent Licensing: General Bargaining Outcomes, International Journal of Game Theory 37, 505-523 (2008), co-authored with Shigeo Muto (Tokyo Tech)

(7) The Shapley Value of a Patent Licensing Game: the Asymptotic Equivalence to Noncooperative Results, Economic Theory 30, 135-149 (2007), co-authored with Yair Tauman (Tel Aviv & SUNY Stony Brook)

(8) Licensing Agrements as Bargaining Outcomes: General Results and Two Examples, Advances in Mathematical Economics 8, 433-447 (2006), co-authored with Shigeo Muto (Tokyo Tech)

(9) A Note on the Profit Distribution among a Manufacturer and its Retailers, Economics Bulletin 12(16), 1-6, (2005)

(10) On the Neutrality of Coalition Formation in a Pure Bargaining Problem, Japanese Economic Review 56, 352-362 (2005), co-authored with Haruo Imai (Kyoto)

(11) 「組織と制度のミクロ経済学」(堀、国本、渡邊編著)、京都大学学術出版会、2015

(12) 特許ライセンスのゲーム理論、「ゲーム理論アプリケーションブック」(中山、武藤、船木編著) 所収、東洋経済新報社、2013
主な受賞 平成19年度 電気通信普及財団 研究助成金 2007; 日本経済研究奨励財団 研究奨励金 2007; 平成25年度 日本経済研究センター 研究奨励金 2013
その他の活動 Tokyo Center for Economic Research Microeconomics Conference, program committee, 2011, 2012; 京都大学グローバル生存学大学院連携ユニット経済実験室運営委員会委員 (平成25年4月より現在まで); 大阪大学社会経済研究所招聘准教授(平成26年8月1日より現在まで)
研究概要 「 特許ライセンスゲームの協力ゲームによる分析」で学位を取得。情報財の売買は隣接分野。フランチャイズ契約や寡占市場における製品サイクルの非協力ゲームによる分析やデータ解析にも手を伸ばしました。最近は、入札や投票に関する実験も実施しています。投票実験では、展開形を特定しない状況での被験者の行動と学習を研究対象としています。
研究指導の方針 人それぞれに大切なものがあり、それは分析の対象にはなりえないと思いますが、天から降ってくるものをただ待っているだけでなく、みずから歩みより手を伸ばすことで届くこともあるかもしれません。世界はそれまでと違って見えるかもしれませんし、ただの徒労に終わるかもしれません。研究って、そんなものだと思います。

 

 

筑波大学システム情報工学研究科/経営・政策科学専攻 : MBA-MPP