社会貢献のための工学

授業紹介

社工Life 荒川 智弘 讃井 知 小貫 哲志 若宮 浩司 佐藤 祥路 合田 崇章

若宮 浩司

講義は、ゲーム理論とダーウィン進化論の基礎から展開されます。“つくばの社工”における進化ゲーム論の特徴は、多くの背景知識を講義に盛り込むことで、ゲーム理論と進化論の解説ではなく、進化ゲーム論的視点で世界を見るきっかけが与えられることにあります。

私は、高校のカリキュラムにおいて生物を学びませんでした。そのため、遺伝などについてほとんど学ぶことが無く大学へ入学しました。またダーウィンの進化論に対して興味が無かったわけではありませんが、なかなか書籍などを読むきっかけがありませんでした。そんな私にとってこの講義は、進化論についての興味を満たすだけでなく、様々な解説によって理解と興味を与えてくれるものであり、とても刺激的でした。

進化ゲーム論を学んだことにより、例えば生物資源学類の友人の話が理解できるようになったように、進化論や生物に対する理解が深まったように思います。しかし、この講義によって得た最も大きなことは、(1)社会におけるプレーヤー間の『相互作用』をゲームとして記述できる、(2)適応(進化・学習)のメカニズムが存在する、という2つの条件を満たしていれば、進化ゲーム論的な観点から物事を眺めることができる感覚です。これは、とらえどころの無い社会を観察するときに、一つ大きな武器となります。

“つくばの社工”が開設する講義の中でも、進化ゲーム論は他学類や他学郡から学びに来る学生が多い講義であり、興味さえあれば理解できるように工夫された講義だと言えます。さらに、“つくばの社工”の学生ならば数学や経済学の知識があるため、より深く理解し、自分の持つ興味分野へ活かすことができるでしょう。 進化ゲーム論を履修し、進化論をゲーム理論の枠組みでどのように理解するのか、そしてそれが社会や経済にどのように関連しているのかを、ぜひ体験して欲しいと思います。

担当教員より(秋山英三)

●人間社会、知識、テクノロジーの進化の鍵となるものは何か?
●自己犠牲を伴うような利他的行動・博愛的行動が、人間社会や生態系のあちこちで見られるのはなぜか?
●人間や多くの動物が「所有」や「縄張り」といった概念を持っているのはなぜか?
●生命、人間の本質は?
●以上のような問題を数理的に取り扱うにはどうすれば良いのか?
この授業では、ゲーム理論、進化の理論、コンピュータを使った解析の基礎を教えつつ、以上のような問題を皆さんと考えていきたいと思っています。必要な数学の知識、ゲーム理論の初歩、進化論の考え方は、可能な限り授業中に身につくように工夫しています。  興味のある人は是非授業を覗いてみて下さい。