社会貢献のための工学

社工生の実態

森 英高

“つくばの社工”を選んだ理由

もともと、「衣食住」の分野に興味を持っていて、高校生の時にはその中でも「住」関連に一番興味がありました。ただ、私が高校の時の知識では、一般的に言われる「建築学部」は単体の建物をイメージしかなくて、それだと範囲が狭いなぁ、と思っていました。

そんな中いろいろ調べていると、「都市計画」という分野が存在して、それが筑波大学にあることを知りました。しかも、筑波大学は他の学類の授業の履修も可能と聞いて、総合的に「衣食住」を学ぶことができる環境がそろっているのではないかと思い、“つくばの社工”を選びました。

“つくばの社工”でこんなコト、頑張ってます!

部活にサークル、アルバイトと、様々なことを頑張ってきたつもりですが、その中でもやはり「研究」に一番力を入れてきました。もともと研究者になりたいと考えていたので、自分が選んだ「都市計画」という分野はもちろん、様々な知識を鳩首できるように努めてきたつもりでいます。

このページを見ている受験生へ一言

自分はこれをしたい!!と思った分野がもしも“つくばの社工”にあるのなら、それはすごく恵まれていると思います。それを学ぶ環境は完全に整っていると思います。

「やりたいことって…」という人にも、これから社会で生きていくうえで必要な思考能力やプレゼンテーション能力など、実用的なことがたくさん学べる場になると思います。

“つくばの社工”でのとある一日

06:00~

【起床】
起床といいますか、布団の中でもぞもぞし始めて、7:00頃のバスに乗る準備を始めます…

08:00~

【登校】
遅くてもこの時間には研究室に向かうように心がけています!!あくまで、心がけているだけです…

08:00~12:00

【研究】
もう4年生になると履修しなければならない授業はとり終わっているので、研究室で自分の知識を深めています。

12:00~13:00

【昼食】
学校にいるときにほっと休まるひと時ですね

13:00~18:00

【起床】
また、研究室に戻って、様々なことを学びます。
その中には、「ゼミ」と言って、指導教官と現在の研究の進捗状況を報告し、アドバイスをもらったりします。ゼミの形式も様々で、研究室全員で行うときもあれば、先生と1対1で行うときもあります。

18:00~

【帰宅】
帰り道にスーパーマーケットによって、その日の晩御飯を考えます。

19:00

【みんなでパーティー】
自分自身、料理を作ることだったり、みんなでご飯を食べたりすることがすごく好きなので、定期的に自分の家に誘ってご飯を食べたりします。
そこで、仲間の大切さを再認識しますし、知識を深め合うこともあります。

22:00~

【ランニング】
もともと体を動かすのがすごく好きなので、一日一回は運動するようにしています。
筑波大学は学内がランニングコースのようになっているので、環境が整っています。

26:00~

【就寝】
どんなに遅くてもこの時間には寝るようにしています。卒業研究発表前とかですと、こういかない場合もありますが…