社会貢献のための工学

社工生の実態

諸星 優太

“つくばの社工”を選んだ理由

僕は高校生のとき理系でしたが、機械系や工学系の学部に進むつもりはありませんでした。
とりあえず自分は理系のほうが向いていると思って理系に進んだため、明確な進路はしばらく決まっていませんでした。
そこで見つけたのがつくばの社工です。
学類の紹介欄を見ると、「世の中にある社会問題を"社会経済システム"、"経営工学"、"都市計画"という3つの主専攻に分かれて工学的な視点から解決策を導き出す」とあります。
なんて自分にピッタリなんだと思いました。
僕はすぐに進路をここに決め、受験勉強に励みました。入学する前は都市計画主専攻を希望していましたが、社工で学んでいるうちにお金の話、特に経営工学に関する分野が自分にとって非常に興味深くなり経営工学主専攻に進みました。
つくばの社工ではどれか一つの分野のみでなく、3つの主専攻全てを満遍なく学ぶことが出来るのでとてもお得です。
また社会に出た時に必要であるプレゼンテーション力もしっかりと鍛えられます。
このような理由から、僕は"つくばの社工"を選びました!

“つくばの社工”でこんなコト、頑張ってます!

つくばでは、一人暮らしをしている学生が多いのですが自分は自宅から通っています。
通学に時間がかかるのですが、頑張って授業に出ています!(笑)
また、"クラス代表者会議"や"全学学類・専門学群代表者会議"といった組織にも所属しており、筑波大生の学生生活をより良いものとするために議論をしています!

このページを見ている受験生へ一言

受験というのは結果が出る最後の最後まで何があるかわかりません。自分も模試の判定は低かったけれど、合格することが出来ました。
もっと勉強すれば良かったなどの悔いが残らないように頑張ってください。
あなたと一緒に"つくばの社工"で学べるのを楽しみに待っています。

“つくばの社工”でのとある一日

06:00~

【起床】
宅通の朝は早い。しっかりと朝ごはんを食べて、学校へ向かう準備をします。

07:00~

【登校】
満員電車に押し潰されながらも、めげずに学校へ。春とか夏くらいになるとつくば駅から自転車で登校するのが気持ちいいです。

08:40~

【1,2限の授業】
僕は2年生なので、授業は専門科目が多いです。"経営学"という授業で経営のノウハウを学びます。面白いです!

11:25~

【昼休み】
昼食を食べて一休み。時間に余裕があるときは、友達の車に乗せてもらって定食屋へ。

12:15~

【3限の授業】
"社工専門英語"という授業では、先生1人に対して生徒4人といった少人数制で英語を学びます。
内容は先生によって異なり、数学的な論文や経営学に関する物語など様々です。

14:00~

【自由時間】
4限以降は履修していないので自由時間です。
授業の復習をしたり、友達とカフェでお話ししたり。大学生っぽいです。

18:00~

【アルバイト】
生活費を稼ぐためにアルバイトをします。
笑顔を絶やさぬように頑張ります。

24:00~

【就寝】
次の日の準備をして、布団に入ります。
おやすみなさい。