社会貢献のための工学

有馬 澄佳

職名 講師
研究室 3F1231 (Ex.5558)
実験室 3F716 (Ex.5578)
所属 システム情報系 社会工学域
担当 学群 理工学群 社会工学類
大学院 システム情報工学研究科 社会システム・マネジメント専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会システム工学専攻
大学院 システム情報工学研究科 経営・政策科学専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (社会工学学位プログラム)
専門分野名 生産システム工学、サプライチェーン・マネジメント、エンジニアリング・チェーン・マネジメント、コンピュータシステム(半導体デバイス)
学位 博士(コンピュータ理工学)(会津大学) 2003年3月
学歴・職歴
担当授業科目 *学類:経営の科学、プログラミング実習、経営工学基礎実習、マネジメント実習、問題発見と解決
*経営・政策科学専攻、社会システム工学専攻:オペレーション管理
所属学会 日本オペレーションズリサーチ学会
経営工学会
IEEE (Institute of Electrical and Electronic Engineers)
代表的著書・論文 ・Operator Allocation Planning for a Product-Mix VLSI Assembly Facility,
IEICE Trans. on Electronics, E84-C, Vol.6, pp.832-840, 2001 June.
・Distributive and Cooperative Scheduling Considering Multi-Attribute Product-Mix, Feedback Process, and the Dynamic Utility Control in Resource Sharing,
Proceedings of 15th IEEE International Symposium on Semiconductor Manufacturing,
pp.249-252, 2006/09

公開特許:
特開2003-022119(2003/01/24)
「多品種生産システム及びその設計・運用方法、その設計・運用プログラム及びそのプログラムを記録した記録媒体」
主な受賞
その他の活動 AEC/APC Symposium Asia プログラム委員会副委員長/Vice-Chair
JEITA(電子情報技術産業協会) 電子デバイス部会 DFM-PM小委員会 客員  
SEAJ(日本半導体製造装置協会) e-Manufacturing専門委員会 特別委員
研究概要 主に、半導体産業の企業システム、生産・品質管理システムを対象にして、以下の研究を行っています。
・QCD考慮のスケジューリング、ディスパッチング
・エンジニアリング支援システム:デジタルヒューマン、多変量統計解析を用いた品質管理
・先端技術産業における、規模の経済以外の企業競争力の分析
研究指導の方針 受験生へのメッセージ: 
つくばは、日本一/世界随一の最先端の科学・技術とが集積されたまちです。
筑波大学は、広大な自然環境と総合大学特有の多岐にわたる学問が展開される、非常に豊かな環境を兼ね備えています。
社会工学では、社会をつくるしくみを体系的に学ぶことができます。新しい課題を発見し解決していく訓練をします。広範な視野と総合的思考力、そして継続的な能力発揮の術を身につけ、社会のリーダーとして活躍したい人たちにおすすめです。詳しくは、社会工学類の紹介ページを見てください。

私の研究指導方針等は、教員のWebサイト(上記)に載せてあります。

教員一覧へ戻る