社会貢献のための工学

リサーチユニット 東アジアの伝統的民家・集落と環境 (代表)
都市・地域の経営とデザイン
新研究領域創出型日本研究
職名 教授
研究室 8A204
実験室 8A201/206/207
所属 システム情報系 社会工学域
担当 学群 理工学群 社会工学類
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (社会工学学位プログラム)
大学院 生命環境科学研究科 環境科学専攻
大学院 生命環境科学研究科 持続環境学専攻
専門分野名 日本建築史・都市史、保全型都市計画
学位 博士(工学)(東京大学)1993年3月
学歴・職歴 学歴:
1985年3月 東京大学工学部建築学科卒
1990年3月 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻単位取得退学
1993年3月 博士(工学)号取得

職歴:
1990年4月 神戸芸術工科大学助手
1994年7月 筑波大学講師社会工学系
2003年3月 筑波大学助教授社会工学系
2003年9月 ハーヴァード大学客員研究員(ライシャワー研究所)
2007年4月 筑波大学大学院システム情報工学研究科教授
2007年4月 東京大学大学院非常勤講師
2009年10月 千葉大学非常勤講師
2011年10月 筑波大学システム情報系社会工学域教授
2013年4月 同 大学院システム情報工学研究科社会システム工学専攻長
2014年4月 同 社会工学専攻社会工学学位プログラム・リーダー
担当授業科目 *社会工学類:都市計画の歴史
       現代まちづくりの理論と実践
       住環境計画実習
       設計演習II
*システム情報工学研究科・社会工学専攻:都市形成史
*生命環境科学研究科・環境科学専攻:環境計画史
所属学会 日本建築学会、日本都市計画学会、建築史学会、史学会、造園学会、日本史研究会、家具道具室内史学会
代表的著書・論文 1)作事記録研究会編『大名江戸屋敷の建設と近世社会』(中央公論美術出版、2013年12月)
2)作事記録研究会編『萩藩江戸屋敷作事記録』(中央公論美術出版、2013年1月)
3)野村俊一・是澤紀子編『建築遺産 保存と再生の思考』(東北大学出版会、2012年3月)
4)建築史楽会編『日本建築100の知識』(彰国社、2009年1月)
5)北京四合院研究会編『北京の四合院』(中央公論美術出版、2008年2月)
6)藤川昌樹「高野山の山内空間と建築」(『高野山と密教文化』pp.106-117、小学館スクウェア、2006年9月)
7)河東義之・藤川昌樹編『真壁の町並み』(桜川市教育委員会、2006年3月)
8)橋本の町と町家の研究会『橋本の町と町家』(橋本市教育委員会、2002年3月)
9)安藤邦廣・藤川昌樹編『つくばの民家』(つくば市教育委員会、2002年3月)
10)藤川昌樹『近世武家集団と都市・建築』(中央公論美術出版、2002年2月)
主な受賞 日本建築学会奨励賞(2003)
その他の活動 室戸市重要伝統的建造物群保存地区審議会委員(1997-)
桜川市真壁町伝統的建造物群保存対策調査委員会委員(2003-2006)
桜川市真壁城跡整備検討委員会委員(2004-)
日本都市計画学会学術委員 (2006-2009)
桜川市真壁伝統的建造物群保存地区保存審議会委員(2007-)
つくば市都市景観審議会委員(2007-)
土浦市公共事業評価委員会委員長(2008/2010)
土浦市都市計画審議会会長(2008-)
建築史学会編集委員(2008-)
家具道具室内史学会運営委員(2008-2011)
桜川市歴史的風致維持向上推進協議会委員長(2009-)
茨城県景観審議会委員(2010-)
土浦市文化財保護審議会委員(2011-)
常陸太田市梅津会館保存活用計画策定委員会専門委員(2012)
日本建築学会論文集委員会部門幹事(2012-2014)
つくば市文化財保護審議会会長(2012-)
文化財建造物等を活用した地域活性化事業協力者会議委員(2013)
芸術文化振興基金運営委員会文化財専門委員会委員(2013-2016)
笠間城跡調査指導委員会委員(2013-)
茨城県近代和風建築総合調査委員会委員(2015-2017)
研究概要  日本近世の都市・村落やそこに建てられた住宅の構成・使われ方について、絵図・文献史料を用いた研究を続けています。また、フィールドワークにもとづく古い都市の町並み調査や村落の民家調査を研究室の院生・学群生と共に行なっています。筑波大学に来てからは、対象が海外(主に中国)にも広がり、また古い町並みの保存に関わる研究や社会活動が増えてきました。
研究指導の方針  卒業論文・修士論文・博士論文のテーマについては、基本的に学生・院生が各自の関心に従って自由に設定することにしています。テーマとしては歴史的な都市・建築の形成過程や保存・活用に関するものが中心です。研究室の調査活動は皆で協力して行なっています。

教員一覧へ戻る