社会貢献のための工学

橋本 昭洋

職名 教授
研究室 3F1023 (029-853-5548)
実験室 3F915 (029-853-5583)
所属 システム情報系 社会工学域
担当 学群 理工学群 社会工学類
大学院 システム情報工学研究科 社会システム・マネジメント専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会システム工学専攻
大学院 システム情報工学研究科 経営・政策科学専攻
大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻 (社会工学学位プログラム)
専門分野名 社会システム
システム評価決定論
学位 工学博士 東京工業大学 1981.3
学歴・職歴 学歴:
1968.3 大分県立大分上野丘高等学校
1972.3 東京工業大学工学部社会工学科
1981.3 東京工業大学大学院理工学研究科社会工学専攻博士課程
職歴:
1974.4-1976.3 工業開発研究所 研究員
1979.4-1981.3 日本学術振興会 奨励研究員
1981.8-現在 筑波大学 社会工学系 助手,講師,助教授,教授 (社会工学系長・評議員 2002.4-2004.3),大学院システム情報工学研究科 教授 (社会システム・マネジメント専攻長・社会工学系長 2009.4-2011.3),システム情報系 教授
担当授業科目 社会工学類: 評価と決定,戦略行動システム演習
社会工学専攻: 社会工学のための数学
所属学会 日本オペレーションズ・リサーチ学会 
日本行動計量学会 
代表的著書・論文 2009 Hashimoto, A., Sugita, T. & Haneda, S., Evaluating shifts in Japan's quality-of-life. Socio-Economic Planning Sciences 43(4), 263-273.
2008 Hashimoto, A. & Haneda, S., Measuring the change in R&D efficiency of the Japanese pharmaceutical industry. Research Policy 37(10), 1829-1836.
1997 Hashimoto, A., A ranked voting system using a DEA/AR exclusion model: A note. European Journal of Operational Research 97(3), 600-604.
1996 Hashimoto, A., A DEA selection system for selective examinations. Journal of the Operations Research Society of Japan 39(4), 475-485.
1993 Hashimoto, A. & Ishikawa, H., Using DEA to evaluate the state of society as measured by multiple social indicators. Socio-Economic Planning Sciences 27(4), 257-268.
2015 橋本昭洋, 『DEAフレックス総合評価法: 社会システム分析への適用』 筑波大学出版会, 142p.
主な受賞 日本オペレーションズ・リサーチ学会 事例研究奨励賞
その他の活動 国際学術・学会誌レビューア
独立行政法人 物質・材料研究機構 契約監視委員会委員長
研究概要 社会システム分析,公共部門意思決定,評価・決定方法論,DEAフレックス総合評価
研究指導の方針 学群生は卒業研究に意欲的に取り組んで大学での勉学の醍醐味に目覚め,大学院生は学位論文研究に邁進してください。

教員一覧へ戻る